« 幼稚園のお泊まり会 | トップページ | ルックの成長 »

2010年7月18日 (日)

ピアノの発表会 2

さて、先週末に続き、シクランはピアノの発表会。

今回が本命である。
現場到着時、肝心のシクランも、長男トントンも、車の中で眠っていた。
下の子ルックをとりあえず会場にいる他のお母さんに任せ、トントンを寝たまま
運び込み、会場となりの部屋にごろりんと寝かせ、
シクランを連れ込み(予想通り、すぐ目を覚ましたけど…)、いよいよ本番。

オープニングの後、シクランが2曲弾き、その後プログラム1番の子から
スタート。過去数日で、顔を合わせたことのある子供が何人もいたので、
知らない仲間ではないけど…。

今回は、オーマ(カクタ君(父親)のお母さん)も来てくれた。
シクランが2回、2曲ずつ弾き終わったその時、やっとトントンは
別室にて目を覚ました。

オーマは最後まで残らず、下二人の子供を一旦連れ帰ってもらうつもりだったが、
トントンは、ピアノを聞きたいとのこと。私の傍に残る事になった。

プログラムの最後、先生の演奏。

武蔵野音大、付属高校、大学卒業後、ベルリンとライプチッヒの音大にて勉強を
重ね、コンサートピアニストとのタイトルを持つ、日本人の先生。
母親もまた、ピアノ講師、父親は、ヤマハのピアノの何らかのお仕事をされていた
らしい。

30分強にわたる先生の演奏は、迫力のあるものであり、私シクランにとっては、
しっかりと見せてもらえた演奏ではあるものの、5歳のシクランと、3歳のトントン
には、ちょっと長過ぎる演奏であるのも、また事実。
その後、アンコール2曲を経て、発表会は終了した。

オーマの家からルック、その後風呂場改築に精を出している夫、カクタ君を
ピックアップし、発表会参加者集まる夕食会へ出掛ける。

長〜い、1日、今日も、また終わる…。

|

« 幼稚園のお泊まり会 | トップページ | ルックの成長 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/35792706

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの発表会 2:

« 幼稚園のお泊まり会 | トップページ | ルックの成長 »