« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

ビールとソーセージのおいしいフランケン地方の「スイス」

4泊5日の夏休みから戻りました。
出発の2日前に、カクタ君が余裕で電話した宿は、5件満員、
6件目でやっと確保できました。
ハイシーズンですからね。

泊まったのは、とっても田舎。農家が経営するウィークリーマンションタイプの
宿(70平米)で、ポニー5頭、豚20頭くらい、鶏15〜20羽、その他、
猫や犬がいる所です。もう一家族分、140平米の宿もあります。

家から、直行すれば片道2時間程度のところですが、ビールの醸造所の密度も
世界一、ソーセージも、バイエルン地方の中でももっともおいしいと言われる
地域です。城(山の中の)、ロッククライミングでも有名。

リゾート型のプール、鍾乳洞、城壁跡、アンモナイトの化石掘り、ニュルンベルク
の動物園に行ったりもしました。長女、シクランは、初めて、自然の岩に登りました。
カクタ君が、若かりし頃よく来た地域で、良い場所を選んでくれたことが
良かったのか、シクランは、何十メートルもの大きな岩を喜んで3回も登りました。
我が子の成長ぶりに、パルメもうっとり。思わずたくさん写真をとりました。

宿もとっても良かった。
親切な農家さんで、手作り製品もたくさん。バターや、サクランボの
シュナップス、甘いリンゴジュースなど。子どもたちは、動物の所に足繁く
通ったり、トラクターにも乗せてもらったり。
朝も起きると、すぐに馬のところにかけて行っていた。

長男、トントンは、朝早く起きた日に、みんなをキッキリキー(ドイツ語版
コケコッコー)と起こして回ったり、シクランは、毎日のように、
楽しすぎー、こんな旅行またしたい、帰りたくない、馬大好き〜heart04
などと連発。次男ルックにとっては、ミミズやアリに注目したのも初めてだった。
猫がいても、最初は怖くてパルメのところに逃げ込んで来るけど、
パルメが傍にいて、猫をなでてみせると、安心して、自分も積極的になでていた。
馬や豚もしかり。動物に近づくのも、3人の子どもたちの中で一番上手。

天気もそこそこに恵まれ、動物園でも、イルカ大好きなシクランのために、
イルカとアシカのショーを見たり、ペンギン大好きなトントンのために、
ペンギンの餌やりのショーを見たりした。動物園が初めてだったルックは、
一つ一つの動物を食いつくように見ては柵にしがみつき、そこから一歩も動く
ものかと、踏ん張っていた。ルックは、特にゴリラが気に入ったようでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

我が家の台所 最近のヒット

私が作る料理で、最近カクタ君が喜んでくれたのは…

ラザニア。←これ、最近2度程作った。おいしかったし、ほめてもらえたから。
西洋スモモのケーキ。←これ、カクタ君の好きな数少ないケーキ。

和食の苦肉の作品、お茶漬け。
おこめをそのまま油であげて、梅干しと、味付け海苔、番茶で
お昼ご飯にしてみた。子供に喜んでもらえた。やったー。
梅干し嫌いなシクランも喜んでくれた。

カクタ君が作る料理では…、

生パスタ。子供と一緒にパスタマシーンで作ってくれた。
その間、パルメは、掃除、掃除ヽ(´▽`)/
我が家で収穫されたトマトと、ベーコンで作ったソースは、
とってもおいしかった。アラビアータというものらしい。

パスタといえば、ペスト。
これは、毎年我が家で作るものだけど、バジルと松の実、
チーズ、オリーブオイルとニンニクで作る、濃厚なソースというか
ペースト。市販のものはとってもまずい事が、最近判明した。
今年は、例年に増して、大量生産。トントンとルックの口には
合わないらしいが、シクラン、大喜び。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我が家の台所 庭の野菜達

今年の夏は、最初暑かったのに、最近涼しい。

ベランダに並ぶ本命のトマトの苗は、16株。
(実は、庭にもまだいくつかあるのだけど)
例年なら、7月末から収穫があるのに、今年は、ここ最近になって、
やっとまともに収穫できるようになった。そして、例年なら8月一杯で
収穫は終わってしまうのだが、今年はどうなのだろう。

キュウリは、今年、初めて日本の種を植え、4株が元気に育っている。
今、目につくのは8個のキュウリ、そのうち、2個はもう食べ頃。

フキも、今年はうまくいき、一度、炊いてみた。
上の子二人は、嫌がったが、なんと、ルックは喜んで食べてくれた。
ちょっと苦みがあるから、上手に炊きあがったのだけど、子供が
食べなくても無理ないと思っていたのに、嬉しかった。
今、また、若い茎がいくつか育っている。もう一度は食べられそう…。

枝豆もうまくいっている。まだ、収穫までは時間がかかりそうだけど。

今年は、三つ葉も山椒もうまくいっている。ニラは、生きているけど、
収穫できそうな気配はない。バジルやパセリには、お世話になっている。

ベリー類の収穫は、苺は順調だったが、その他はほぼ皆無。
ブルーベリーに木いちご等、来年に期待しよう。

とはいえ、狭い庭。美観の面で評価すると、今年は失敗。
来年は、もう少し上手にしなくては、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの計画

ドイツの連邦各州の中で、一番遅くに始まるバイエルン州の夏休み。
8月上旬から、9月の上旬または中旬まで。

我が家も、この金曜日から来週一杯、カクタ君が休暇をとりました。

そして、月曜日から近場で旅行しよう、地域は○○の辺で…、
ということまでは、夫婦の間で決まっていました。
が、宿をネットで物色したのは、やっと今日、金曜日の夜のこと。

私の希望で、動物がいる宿泊施設、つまり、馬や、豚、羊などの
家畜がいる牧場兼ペンション、というか、ウィークリーマンションの
ように、自分たちでまかなうタイプのものを、探しました。

そして、2つに絞った宿に、明日の土曜日、カクタ君が電話して、
予約を入れることになりました。空いているといいのですが…。

宿泊施設Pは、近所の牧畜農家で絞り出された、新鮮なミルク、
宿で飼っているポニーが引く馬車に乗ることが出来る、というのが
パルメの目を引きました。ウサギと豚もいるそうです。

宿泊施設Sは、少し値段は上がるけど、馬、ヤギ、豚、鶏、ウサギ、
猫がいて、トラクターもあり(そして、子供も乗せてもらえそう)、
動物にえさをあげたり、乗馬をすることが出来たりするそうです。

ああ、どうなるかな。楽しみ…。heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

着せ替え人形

長女シクランは、お絵描きが大好き。いつも、紙でお絵描きや工作など、
一生懸命。おかげで我が家の紙のゴミ箱は、いつも一杯。coldsweats01

アイディアマンのシクランで、パルメもびっくりする事も多いのですが、
今日は、なんとなく、パルメが着せ替え人形の話をしました。そして、
シクランが、その直前に書いていた女の子の顔を真似して、シクランのために
一つ着せ替え人形の絵を描き、服を一つつくってあげました。

シクランにとっては、とっても新鮮なものだったらしく、大ヒット。
夕食直前に一つ目の服が出来たばかりなのに、寝る前には、8着くらいも
仕上げていました。色も上手に塗って…。女の子の遊びっぽくって、気に入った
と、本人は言っていました。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶目なルック

次男ルックは、もうすぐ1歳5ヶ月。
最近、色々ふざけています。
他の子供と一緒に遊べるようになったので、最近
チョコレートを食べることも、良し、としました。

昨晩のことです。
長男トントンが、パパ、カクタ君の背中に馬のりになり、そこから
わざと転落して、事故〜っ!と叫んでは、またその繰り返しをしていました。

それを見て、ルックも同じ事をしないわけにはいきません。
パルメが、言葉の話せないルックのために、タイミングよく、事故〜っ!と言うと、
喜んで、また繰り返し、合計10回も20回もやっていました。そのうち、
自分でも、「じーっ!」と言っています。かわいいやつです。

また、今日、パルメが久しぶりに、ピアノを弾いていると、
Tシャツの腰の背中の部分を少しめくり上げ、ルックが手でこすっています。
何をしたのかな、と思って、その後の行動を目で追っていると、たまたまそこにあった
おしりふき(おむつ交換時に使うやつ)の入れ物の蓋をあける真似をしては、
また、パルメのところに戻って来て、Tシャツをめくり、こすり始めました。
どうやら、母親のおむつを替えてくれているようです。
大笑いsmile

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

入学準備/買い出し編

先日、入学準備のための文房具を、家族揃って買い出しに行ったつもり。
が、その日は、一番大切なリスト(学校から説明会で配布されたもの)を
持って行き忘れたので、今日、再び。

A4用紙にぎっしり書かれたリストには、各教科に必要なノートの
大きさや、罫線の規格などが書き込まれ、
それを全て揃えるのに30分はかかった。
そして、その他、あれもこれも見ていたら、あっという間に1時間が過ぎた。

幸い、長男トントンは、幼稚園の友達の三つ子の家に遊びに行き、
次男ルックは、オーマ(おばあちゃん)ちにお世話になり、
パルメと長女シクランのみのお買い物。
なんせ、先日家族揃って出掛けたときは、ルックをはじめ、目が離せない状態で、
買い物どころではなかったが、今日は、女同士の買い物、しっかり物色できた。

帰宅後も、シクランは、名前を書き込んだりと、入学準備を着々と進めた。

あとは、初日に着る洋服と、Schultuete(シュールトゥーテ)の準備がある。
シュールトゥーテというのは、高さ60センチちょっとある円錐型の紙製の入れ物に
お菓子や、文房具、本などが入ったもの。既製品もあるが、私達は手作りで、
既に準備に取りかかっている。実は、私達夫婦、これにかなり手をかけていて…。
まだまだ、詳細は、内緒です。confident

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

ルックの言葉

次男ルックは、現在1歳4.5ヶ月。
先日のスズメバチに刺された事件も、腫れる事もなく、
その後痛がる事もなく、無事解決。

ママ、の他に言えるのは、
ハロー、
チャオチャオ(バイバイ)
ダン(独:ダンケ、ありがとう)
あちっ(手をパーのまま口にあてて、熱いの意味)
ターターターター(救急車、消防車、パトカーなどのサイレンの音)

あとは指差しで、色々表現したり、歌を歌ったり…

そんな少ない言葉のなかで、
チンタン、チンタン…というのがある。
意味は、男の子のシンボル、チンチン…。

お兄ちゃんがいるから、一緒にお風呂に入ったりしたときに、
そういう大切な言葉を学ぶらしい。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

急遽、お泊まり

5月下旬に、オーストラリアから戻って来た、義兄と義姉。
義母と同じ敷地内に住んでいる。
そこで、今日、月曜日は、夕食をみんなで食べることになっていた。

おいしい食事のあと、デザート、子どもたちは、いつの間にか
あちこち出掛けて遊んでいる。
ここは、大きな庭があり、あっちにも、こっちにも、魅力的なものが
わんさかしている。

パルメが、食後の片付けをしたりしている間、3歳半の長男トントンは、
砂場で義姉(トントンから見ると、伯母)と一緒に遊んでいた。
さ、もう帰ろうね、と声をかけるものの、帰りたくないらしい。そりゃ
そうだろうなぁ、義姉は、とても子供好きで、面倒見もいいし。

そんなとき、義姉が、突然トントンに、今度うちに泊まりにおいで、と
言ってくれた。それとも、今晩泊まって行く?という話になった。
着替えは、常に義母(トントンから言うとおばあちゃん)のところに
おいてあるから、問題はない。歯ブラシも何かしらあるだろう。

トントンは、まだ、次男ルックが産まれるときに、おばあちゃんちに
お姉ちゃんのシクランと一緒に泊まった事があるだけで、お泊まりの
経験は他になし。でも、彼の性格から言うに、本人がその気なら、親の
私が心配する必要はない。ありがたいことだ、とさえ思う。
3人も子供をかかえると、3人を満足するように見ながら寝かせることは
本当に難しいから…。

長女、シクランも、トントンなしで、夜寝る事に、ちょっと心はずむ思い。

夜、ちょうど、シクランがベッドにいるころ、トントンから電話が来た。
何も困ったことはないけど、とりあえず、両親にお休みの電話を…という、
義兄姉からの配慮あっての事だと思う。

さ、どんなだったかな。明日、お迎え後に、色々話を聞けるのが、楽しみだ…。happy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

卒園式…?

ドイツの卒園式って、どうだと思う?

8月5日木曜日が、実質最後の幼稚園だったのですが、なんと夏休みを
早めに始める家族がとっても多いので、公式に最後のお別れをするのは、
7月30日の金曜日のことでした。

年長さんであるシクランのいるクラスの場合、
先生へのプレゼントを用意する以外は、特になにもなし。
子どもたちが歌を歌ったりという出し物が5分くらい
あることも、年によってはあったのですが。

26人いるクラスメイトのうち、最後の週4日は、10人もいれば
良い方。共働きの家庭などは、この4日は、別途休み期間中のみの
幼稚園というのがあり、そちらへ参加することになる。

最終日の今日は、なんと年長組は、シクラン一人だったようだ。
しかも、2年9ヶ月の間お世話になった先生のうち一人は、
この最後4日、休暇をとっていて、
もう一人の先生は、最近双子を産んだので、ここ4ヶ月前から
休暇中。
代理の先生二人を相手に、「卒園」という感慨深さは、親の私には
あまりなかった。

し、しかも、この4日間、先生二人は、片付けたり、掃除をしたり
することに一生懸命。どこまで子供の相手をしてくれているのやら。
普段は自由にできるお絵描きも、最後の数日は、紙も片付けられていた。

今朝も、最後の一日を楽しんでほしいと思う、親の心と裏腹に、
幼稚園到着時、仲良しの友達もいない、おもちゃも随分片付けられた
幼稚園の教室に、したい遊びも見付けられないシクランがいた。
それでも、結果的には、楽しく遊べたようなので、一安心。

お迎えのとき、先生が、お別れの挨拶をしてくれたとき、ふと悲しく
なったらしい。シクランは、ちょっと泣いた。照れくさかったようで、
泣いた理由を、適当に嘘ついた。(ばればれなのよ、ママには。)

夏休み初日の明日は、入学準備の買い物第一弾に出掛ける予定です。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

スズメバチに刺されたときは

ルック(次男)がスズメバチに刺された。
幼稚園だったので、保冷剤をすぐ先生が用意してくれたが、
泣いて嫌がる。少し冷やしたが、あきらめて、急いで帰宅することにした。

以前、タマネギをスライスしたものをあてるといい、と
聞いた事があったので、早速それを薄い布で包んであて、
そのあと、虫さされの薬をつけた。

ネットで検索すると、まず、冷やす事。
タマネギは、あまり知られていないのかもしれない。
ハチ刺され、とタマネギの二つをキーワードに
検索すると、タマネギの効果で、あまり腫れないらしいことが
分かった。

刺された直後に泣いた以外は、一応おちついているけど、
どうなるかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

うっしっし…ピ・ア・ス

月曜日、幼稚園に迎えに行ったその足で、ショッピングセンターへ皆で
出掛けました。目的は、その中の宝石店で、シクランにファーストピアスを
させること。

シクランも、その気で、朝から何度もピアス、ピアスと言っていた。

優しいお姉さんが対応してくれた。4歳から、親の同意があれば
ピアスがあけれるとのこと。
シルバーに赤いきらきらがついたファーストピアスを選び、
もう一人のお洒落なおばさん店員と二人掛かりで、両耳同時に…。

痛い事を覚悟していたシクラン、1秒待って、ちょっと叫び、涙が
目に浮かんでいたけど、よく、我慢しました。
とっても、とっても素敵な感じ。

やっぱり、シクランも女の子よね。

ちなみに、いつもの水泳教室の優しい先生に、タツノオトシゴについて
確認のため、電話しました。夏期休暇中だったけど、シクランが
本当にタツノオトシゴに匹敵することを確認、休暇中でも時間があれば、
自分がみてあげる、そしてタツノオトシゴの証明を出してあげる、
と言ってくれました。良かった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

25m泳げるということ

長女シクランが、25m泳げるようになって、久しい。
ここドイツでは、タツノオトシゴという称号があって、
プールサイドから飛び込め、水中に潜れ、25m泳げると、それがもらえる。

水泳教室で、そのタツノオトシゴを獲得しておけば良かったのだが、
繊細なお嬢様、シクランは、ママが傍にいないと…ということで、
25m泳げるにもかかわらず、それが出来なかった。
5歳だから、仕方ない、っか。

さて、その他、
公共のプールで、監視員にみてもらうことにより、この称号を獲得
することが出来る。

週末、よく出掛ける郊外のプールに、早く連れて行ってあげたかった
のだが、義兄の引っ越し、風呂場の改築、日本からの来客、などなど
親の都合で、なかなか出来ず、やっと今日、久しぶりにプールへ。

そして、監視員にお願いし、約2時間後、見てもらえることになった!
ところが…。
色白で、ぶよぶよなおなか、眼鏡をかけ、長い髪を後ろで一つに結んだ、
愛想のなさそうなのっぺ〜とした男、最初の悪い印象よりも悪く
25mを泳ぎ始めたシクランをプールサイドで見守る私に言った一言。

「これは、泳ぎではない」

水に浮いているだけだという。な、なんだと〜\(*`∧´)/
まだかろうじて5mしか泳いでいない状態、パルメは怒って反論しまくる。
水泳教室で立派にこれを認めてもらえている、これが泳ぎでなく、何ですか、
こんな小さな女の子に、整ったきれいな泳ぎを求めるのですか、などなど。
そして、応援する暇のないパルメをときどき見るシクランに、
それでも、今何メートル、あと、何メートル、ほら、頑張れ!と応援し、
シクランは、見事に25mを泳ぎきった。

そのまま、この監視員に文句を言い続け、怒りは最高潮に!

しかし、どうにもならないことは、パルメにも分かっているから、
不甲斐ないが、引き下がる。その後、監視員は、同僚と少し話していたようだった。

カクタ君のところへ戻り、一部始終を話したが、カクタ君も、一緒に
腹を立ててくれた。私達家族の中で、シクランは、十分にタツノオトシゴだった。

証書を手にし、約束通り(目標通り)、ご褒美に、シクランにピアスをプレゼント
したかったのだが…。

明日、ピアスの穴、あけに行こう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »