« トランポリン | トップページ | ドイツの小学一年生 »

2010年9月19日 (日)

やけどの経過

やけどをして、2週間経った。
原因は、オーブンの天板を、ミトンをはめた手で取り出したのだが、
なぜか、ミトンを通して、非常に熱い熱が伝わり、
天板をオーブンに戻すに戻せず、そのまま電磁調理器の上まで
我慢して運んだから。

ミトンも、普段使っているもので、ぬれている状態でもなかった。
なぜか、分からない。

場所は、右手の指、親指側一面。

直後、冷やしたが、とにかく痛くて痛くて、ひりひりひりひり…。
その後外出するときも、ずっと保冷剤を当てていた。
保冷剤が解けて、冷却効果がなくなると、痛くて、いてもたっても
いられなかった。
次々と、保冷剤を新しい物にし、そのうち、この保冷剤がなくなったら
どうなることだろうと、ひやひやしていたが、
軟膏を塗ってみたとたん、急に痛みが落ち着いた。

が、そこは、大きな大きな水ぶくれになった。
指の長さの3分の2が、一続きとなった水ぶくれ。

最初の1週間は、薬を塗り、包帯を巻いた状態で過ごした。
やけどそのものの痛みはなく、指が曲がるときに、水ぶくれに
圧力が加わる事で、痛みが発生した。

1週間で、包帯を卒業、絆創膏または、何もない状態。
そして、表面の皮が、堅くなった。浮き上がった皮は、白っぽく、
気持ちが悪い(見た目が…)。
そして、皮が硬くなったことで、指が軽く曲がった状態に固まり、
このまま、指がまっすぐにならないのではないかと、心配した。

看護婦である、義兄の嫁の指導で、薬を塗り、指を曲げるための
リファビリのようなことを始めたが、その影響か、堅くなった皮が
裂けてしまった。

その結果、また、指がまっすぐになる。
2週間と1日経った今、二カ所目の裂け目が出来、
先に避けていた場所は、ぴらんぴらんを皮がめくれる状態に
カギ型に裂けてしまった。

この皮は、とらない方がいいらしい。中に出来ている新しい皮の
部分が、とってしまうと痛いんだそうだ。

今後、どう回復していくのかな。
痛みもないし、あとは、なんとなく興味本位で、回復状態を
追ってみようと思っている。皮に、跡が残るかな。
新しい皮膚は、どうかな。

ちなみに、私の右手の平には、1歳半当時のやけどの跡がある。
皮膚移植された部分と、そこからはみ出たオリジナルの皮(堅い)。

今回のやけどが、自分の手で良かった。
跡が残ったとしても、怖い物もない。
実は、右手の手首にも大学生時代に自ら作ったやけどの跡。
だから、何?って感じ。気楽なものだ。

|

« トランポリン | トップページ | ドイツの小学一年生 »

病気、けが」カテゴリの記事

コメント

みかちゃんがとっても自慢げに手のひらのやけどのあとを見せてくれたのを思い出すよ。蟹に見えない?(だっけ?)って。1歳半の時の傷なんだ。
子供を持つと、これが自分でよかった、って思うよね。

お風呂に入れたり、子供のお世話大変なんじゃない?早く治りますよーに。

投稿: yumin | 2010年10月 1日 (金) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/36815777

この記事へのトラックバック一覧です: やけどの経過:

« トランポリン | トップページ | ドイツの小学一年生 »