« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

3歳9ヶ月で

1歳7ヶ月で、断乳した、トントン。
3人兄弟の真ん中で、たくさんの我慢をせざるを得ないトントン。
指をなめたり、服をなめたり、最近、そういった行為が目に余る。

いつか、中耳炎を起こして、高熱を出した時におっぱいをあげてしまったのが、
そもそもの大きな間違いだった。
最近、どんんどん、おっぱいの大切さが高まり、いまや、もうおっぱいなしでは
寝付く事が難しくなってしまった、3歳9ヶ月。

パルメ自信、負い目があるので、つよくおっぱいを断る事も出来ず、
心の中では、そのままおっぱいを続けたいと思うものの、
体が拒絶反応をしてしまう。

どうやって、二度目の断乳をしたらいいのか、どうやったら、
トントンに理解してもらえるのか、色々考えた結果、
卒乳することを目指していた、ルックの断乳と同時に、
トントンも、二度目の断乳をすることにした。

ルックも、もう1歳と7ヶ月。断乳完成時は1歳8ヶ月だから、
もうおっぱいは、十分あげたといえば、うそではない。
虫歯の危険を考えても、時間の節約を考えても、何も悪い話ではないはず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3歳9ヶ月で二度目の断乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

ルックの言葉

話し始める…傾向にある、ルック。

テレビを見たいと主張するので、つけてあげる。
ママは、ルックの言いたい事、わかっているのよ、と表現するため。

すると、シクランの名前を呼ぶ。
シクランの本当の名前は、とっても発音がし易い短い名前なので、
ルックも、上手に呼べる。

テレビついたから、見においでよ〜っと得意なのかな。


男の子らしく、何か手にすると、それをいかにも電動のこぎりのように、
または、ドライバーのように、色々作業が始まる。

ごっこが上手にできたのか、
英語の good にあたる、ドイツ語の gut を連発。

大きいもの、重い物を持ち上げるのが大好きなルック。
少し運んでは、またもや gut! と満足そう。


お兄ちゃんのトントンと遊ぶ。
事故〜っ!に相当する、ドイツ語の ウンファール!
ルックも、真似して、なんと、こんな難しい単語まで
発音してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

シクランとお勉強

ここ数日前、シクランに漢字を教えた。
一年生の漢字を少しは練習しているが、書き順は見てあげるが、
あまり相手をしてあげていなかったので、
形から出来た漢字についてや、部首についてを
簡単に教えてあげた。そしたら、少し興味を持って、
色々知りたがった。しめしめ…。

昨日は、かけ算九九をした。
たまたま計算機というもので遊ぼうとしていたので、
そんなことするなら、かけ算を、順番に紙に書いてみよう、と
誘い出した。答えは、自分で考えさせる。
2の段、3の段と、最初の×1、×2、×3までは、一緒に考える。
チョコレートをシクランに3個あげる。トントンにも3個あげる。
そしたら、何個必要?
シクラン、トントンに加え、ルックにも3個あげるなら、
全部で何個必要?
という具合。
今日は、5の段を、最初から全部一人でやっていて、答えが
0と5だらけなのに気付いて、大喜びしていた。
単純なものだ。

お勉強っぽいことに、全く興味を持っていなかったトントンも、
最近アルファベットで、自分の名前が書けるようになってきた。
印刷物などから、自分の名前に使われる4つのアルファベットを
見付けると、大喜びして、自分の名前だ!と騒ぎはじめるように
なり、そのうち、一生懸命、書いてみるようになった。まだ、
完璧ではないけど、とっても良い傾向。

興味を失う前に、次の段階につなげる下準備をしなきゃと、
母親パルメは、コツコツ作戦を練っているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

言葉のレベル

3人の子供はバイリンガル。現在の、日本語のレベルを見てみましょう。coldsweats01

長女シクラン、5歳と10ヶ月。
プールの水が深いこと、浅いことを、高い、低いと表現。
ま、そのくらい、仕方ないか。…と思いきや、高いと低いが間違っていたりするかも?
とにかく、何を言いたいか、よくわからないの。

長男トントン、3歳と8ヶ月。
ルックがおっぱいをのみながら、乳首をびよ〜ん、と思いっきりひっぱったときのこと。
そんなんしたら、ママのおっぱいが「破れちゃう」。
う〜ん、心配してくれるのは嬉しいけど、破れるっていうのは、ちょっと
違うかな。

もう一つ。
あごを蚊にかまれたらしい。
「かゆい?」
「ちょうどいい。」
なんだ、それ?shock

次男ルック、1歳半。
まだ、言葉はあまり話せないが、日独両方の言葉をかなり理解しているようだ。
子どもたちが寝る直前、パルメも急いでシャワーしていた。
最近、踏み台を持って来て、ドアのレバーを押してあけることを知ったルック。
ドアを開けて、お風呂に入って来たが、ドアが開けっ放しなので、
「寒いから、ドア閉めて!」とお願いしてみた。
ルックがお風呂場に入ったまま、ドアを押せば、ドアが閉まるから、彼がそこに
居座ったまま、軽くドアを閉めてくれれば良かったのに、
律儀に外側に回って、踏み台に乗って、ドアのレバーを…と思ったのだろう。
が、ドアは大きく開いていたので、踏み台に乗ったルックは、ドアのレバーに
手が届かない。
パルメが中から、ドアを少し押してあげて、見事レバーに手が届き、上手にカチって、
閉めてくれました。smile


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一人ママが欲しい

サンドイッチの子供、とドイツ語では言う、3人兄弟の真ん中。
我が家の場合は、トントン。3歳8ヶ月。
昨晩寝る時、パルメと二人でお話していた。

すると、もう一人ママが欲しいという、ショッキングな発言。

え?愛情がそこまで回らないから、面倒を見てあげられないからかな、と
反省をしつつ、
「どんな、お母さんが欲しいの? 怖いお母さん?』
「……」
「優しいお母さん?」
「……、同じママ!」

良かった、こんな怒りっぽいママでも、もう一人同じママが欲しいだなんて。
いつもいつも、トントンを見て上げる時間が少ない事に
自分自身反省しているけど、もっともっと時間を作る努力をしなきゃ、と
改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »