« トントンが目覚めたか!? | トップページ | 洪水 »

2011年1月16日 (日)

1日中講義

今まで、ツアーガイドのセミナーで、
歴史の勉強ばかりだったが、今日は初めて
コミュニケーションとか、ツアーガイドが期待されている事、
何をし、何をしたらいけないか、というテクニック的なことを勉強する
講義だった。

当たり前のことばかりだけれども、こういうことに時間をとって、
一緒になって考え、発表していくことは、とてもいい勉強だった。

メモをとるような内容はとても少ない。
だって、考えてみたら、当たり前のことばかりなんだもの。

でも、退屈しない講義。…それは、講義をしてくれる先生の質が高いから
だと思う。

ほんのちょっと、外にも出た。実践しながら説明するため。
広場に立つときの立ち位置や、気をつける事、こういうトラブルには
どうやって対処するか、などなど。
生徒が次々と質問しても、動じずに、上手に回答が戻ってくる。

昨日は、近世についての講義だったが、それは、外を歩き回りながら
現物をみてのもの。それも良かった。2時間、寒く、小雨がちらつく中
だったが、内容の濃いもの。知らなかった事実、知っていた事と結びつく
事実が盛りだくさん。家に帰って、もうちょっと調べてみたくなるような
内容。

このレーゲンスブルクという町が、歴史上どんなに大事だったか、
今あるこの姿が、どれだけ価値があるかが、どんどんわかってくる。

今月末には、私達も、外で実践する日があるので、少しずつ準備をしなくては
いけないらしい…。

|

« トントンが目覚めたか!? | トップページ | 洪水 »

勉強中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/38488245

この記事へのトラックバック一覧です: 1日中講義:

« トントンが目覚めたか!? | トップページ | 洪水 »