« 毎回興奮するような内容の… | トップページ | 1日中講義 »

2011年1月14日 (金)

トントンが目覚めたか!?

何かに興味をもって、勉強しようとか、努力しようとか、
そういう態度が全くなかったトントンは、あと2週間で4歳になる。

仲良しの友達は、1歳年上だけれども、計算が出来るらしい。
彼が、家で、計算機をおもちゃに遊んでいるのは知っていたが、
数ヶ月前のその様子から想像するに、計算は出来ないけれど、
計算とは何たるか、を知らないトントンからみれば、
すごい計算をやってのけているように見えるのだろう。

トントンも、勉強したくなったらしい。

横で毎日、宿題や、日本の勉強をしているお姉ちゃんのシクランが、
母親の注目を集めているのも、トントンには面白くないだろうし…。

ママは、そのときを待っていたのよ、とばかりに、
いつでも、勉強を始める準備が出来ていたことをさりげなく示し、

早速、計算をするにあたり、数字の勉強を用意した。

漢字も勉強したい、というので、横峯式を参考に(でもカタカナではなく)、
簡単なひらがなを教える準備もした。

が、あのトントンだけに、集中力も続かないし、
やる気も本当のところないだろうから、期待もしないし、
シクランのときと同じようになるとも思っていない。

トントンにストレスをかけないで、やる気をのばす方向で、
なんとかやれるかは、母親の腕の見せ所か。

超難題を抱えた母親になってしまった。

が、一方で、最近、なんとなく、3人兄弟の真ん中であるトントンと、
ゆっくり2人だけの時間がとれている。
一緒の空間を共有しているな、と思う事がときどきある。

ああ、こういうふうにしてあげるといいんじゃないかな、と
気付く事もある。

もしかしたら、トントンとの関係が、うまくなっていくのではないか、
という、淡い期待もあるのであるが…。

|

« 毎回興奮するような内容の… | トップページ | 1日中講義 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/38460993

この記事へのトラックバック一覧です: トントンが目覚めたか!?:

« 毎回興奮するような内容の… | トップページ | 1日中講義 »