« 洪水 | トップページ | 日本に住んだ事のない日本人の日本語 »

2011年2月 7日 (月)

インフルエンザの10日間

三人目ルックが、1歳未満児の頃も病気がほぼなかったし、
他の2人の子供も大きくなったので、
近頃は、あまり病気もなく、平穏な日が続いていました。

幼稚園では、水疱瘡や、猩紅熱が、相変わらず続いているようでもありますが、
水疱瘡は、3人ともやっていたし…。

トントンの、4歳の誕生日の翌日、お友達が遊びに来ました。
その子は、四人兄弟の三番目。一番上のお姉ちゃんが、猩紅熱だとのことですが、
ルックは既に猩紅熱も終わっていたし、ま、病気になるときはなる、と
思って、その子を我が家に2時間弱、預かりました。

その翌日早朝、金曜日のことです。
トントンが、39度前後の熱でぐったりしていたのは…。

猩紅熱が発病するにしても、早すぎるけど、と思いつつ、午後、小児科を受診。
インフルエンザとのこと。
最初の二日は、40度近くの熱で、かなりぐったりしていました。

月曜日、シクランが朝起きると、元気だったはずのシクランも、脚が痛くて歩けないと
弱気な事を言っています。何をふざけている…、と思ったら、38度ちょっとの熱。
9月に入学して以来の、初めての不登校です。
こちらも、インフルエンザでした。

私パルメも、週末から鼻水だらだらだったので、母は、病気になっては駄目よ…、
とガラガラうがいをしたり、水分をたくさんとったり、と気をつけていたのに、
月曜日の午後から、かなりぐったりしていました。

火曜日と、水曜日は、カクタ君が、仕事を休んで子供のこと、食事の世話をして
くれました。パルメは、この両日、ぐったりと横になって過ごしました。
40度近くまで熱は上がったので、かなりこたえました。

妊娠、出産、授乳と続いていたこともあってか、病気知らずだったのに、
とちょっと凹みました。

ガイドの勉強会も、一回休まないといけなかったのも残念。
たいした授業じゃなかったっぽいし、日本人の友達が、頼みもしていないのに、
ノートをコピーしてくれたので、とってもありがたかった。やっぱり友達っていうのは
いいわ、って、つくづくありがたかった。

結局、3人の子供は、代わる代わる、その日の気分でか、
元気だったり、ぐったりしたり、高熱になったり…。
そうして、1週間以上が立ちました。

カクタ君は、すぐ病気になりがちだけど、今回は、元気でいてくれました。
そして、今日の日曜日、皆元気で過ごせたので、
やっと、明日の月曜日から、再び、学校と幼稚園の生活に戻ります。

シクランも、1週間、まるまる学校を休んでしまったけど、
大丈夫かな。きっと、家で宿題をたくさんこなしたり
しないといけないから、ちょっとかわいそう…。

やっぱり、皆、元気が一番ですね。

|

« 洪水 | トップページ | 日本に住んだ事のない日本人の日本語 »

病気、けが」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/38772147

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザの10日間:

« 洪水 | トップページ | 日本に住んだ事のない日本人の日本語 »