« 日本に住んだ事のない日本人の日本語 | トップページ | わが町、レーゲンスブルク »

2011年2月 7日 (月)

今年のファッシングの衣装は…?

毎年、2月に、ファッシング(カーニバル)というものがあって、
子どもたちは、さまざまな衣装を身に着ける。

毎年、安かろう、悪かろうの既製品を買って着る子供が大半だが、
毎年、パルメは、頑張って手作り。

例えば、シクランは、
3歳、白雪姫
4歳、ミニーマウス
5歳、吸血鬼・女(アダムスファミリーのイメージ)

トントンは、
2歳、ミッキーマウス
3歳、吸血鬼

今年は、ドイツで皆が知っている大泥棒のキャラクターに
2人がなりたがっていたので、大きなおなかの、間抜けな大泥棒キャラを
考えてはいたけど…。

トントンは、ロン毛のイケメンタイプ。
幼稚園でも、女の子と一緒に(紅一点ならぬ、黒一点だったり…)遊んだりも
しているけど…。

パルメが、ちょっと前、冗談のつもりで、「白雪姫になる?」って聞いてみた。
そしたら、本人その気になってしまって、それまで髪の毛も切らないらしい。
今日、やっと、前髪だけ切らせてもらえたけど。

作っている時間がないし、ものすごく材料費がかかった、制作日数1週間の
気合いの作品「白雪姫」が、ちょうどいい大きさなのにな…と、ひそかに思った
母親が悪かったのか、現物を見て、もうその気になっている男の子。

幼稚園で、皆がかわいがってくれればいいけれど、男の子達に笑われるかな。
男の子にドレスを着せると、びりびりに破れちゃうかな。
それをきっかけに、あっちの道に進んでしまわないかな…、と
ちょっと不安な母、パルメでした。think

|

« 日本に住んだ事のない日本人の日本語 | トップページ | わが町、レーゲンスブルク »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/38772331

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のファッシングの衣装は…?:

« 日本に住んだ事のない日本人の日本語 | トップページ | わが町、レーゲンスブルク »