« わが町、レーゲンスブルク | トップページ | 庭に花が… »

2011年2月 8日 (火)

日本語のレベル

6歳のシクランの日本語は、かなりイケている。

4歳のトントンは、3歳になるちょっと前から、
やっと口から日本語が出て来た(耳に入る日本語は、
それよりずっと前から理解できていたものの)。

日本語を話すのに、いつも、言葉がすぐに見つからなくて、
もどかしい思いをしながらしゃべってくれる。

日本語を使うのは、パルメにだけで、兄弟間では、多分
100%ドイツ語。

彼の日本語は、かわいい。

「ママ、冷たいお手てがある。」

今日も、幼稚園からオーマ(おばあちゃん)に連れて帰って来てもらってすぐ、
「いちばん汚いHandschuh(手袋)がある。」
と報告してくれた。見てみると、外遊びをしたのか、手袋が泥だらけだった。

1歳10ヶ月のルックは、まだ、言葉はほとんどないが、全て理解している。
トントンが、カクタ君と、リンゴジュースがなんとか…と夕食時に話していた(独語)。
大抵食事中には、お水を飲むが、知らない所で、お兄ちゃんがリンゴジュースを
もらったものと思ったのか、いきなり、ルックは、きょろきょろとリンゴジュースの
瓶を探した。

「そうじゃないのよ、パパが、サラダのドレッシングに
リンゴジュースを使ったんだって。」

と教えてあげると、喜んで、ドレッシングのかかったサラダを食べ始めた。wink

|

« わが町、レーゲンスブルク | トップページ | 庭に花が… »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/38785972

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語のレベル:

« わが町、レーゲンスブルク | トップページ | 庭に花が… »