« 初めての通信簿 | トップページ | ガイド試験合格! »

2011年4月 3日 (日)

子守唄

♪ねんねんころりよ〜
 おころりよ〜
 坊やはいい子だ、ねんねしな〜♪

というのが、我が家の子守唄「でした」

でも、あるとき、トントンが怖い、と言い出しました。
そして、ドイツの子守唄を歌え、というのです。

それに影響されたのか、次男ルックも反応を始めました。
ルックは二才になったばかりです。
普通なら、50語くらい発語がある時期のようですが、
なんせ、二カ国語の環境だから、
言葉はとっても遅いのですが、
ドイツの子守唄が気に入ったようで、一緒に唄うようになりました。
鼻歌の要領で…。

それで、日本語の子守唄が気に入らないときは、自分から
率先して、ドイツの子守唄を口ずさむのです。

なので、私も、自然とドイツの子守唄を唄うはめになります。
自分が育った子守唄を捨てて。

|

« 初めての通信簿 | トップページ | ガイド試験合格! »

子供」カテゴリの記事

コメント

 たしかに、子守唄は、ちょっと陰気で怖い感じがします。短調だからかなと思って調べてみたら、短調ではなくて、「陰旋法」という日本音階でした。
 日本古来の歌に慣れていると、日本の子守唄を聞いて、体の力が抜けて、眠くなるのでしょうが。
 そのうち、日本の幼児たちも、怖がるかもしれませんね。

投稿: 治さん | 2011年4月 3日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/39469699

この記事へのトラックバック一覧です: 子守唄:

« 初めての通信簿 | トップページ | ガイド試験合格! »