« 鳥のえさ場にやって来る新顔 | トップページ | 予約第一号 »

2011年6月26日 (日)

ドキドキの隣人

我が家は、4件続きの長屋です。
片方の隣は、5月に、住人が引っ越して行きました。
そこの奥さんは、とってもフレンドリーな、良さそうな方でしたが、
小さなお子さんが居なかったのと、共働き家庭だっただけに、隣人
として顔を時々合わせる以外、うちの子供が、ときどきおやつをもらう
位の付き合いでした。

この家は、ここ数週間、借家として、住人を探していますが、どうやら
難航しているらしく、まだまだ決まりません。改築後、7月1日以降
住めるように予定されているのですが。

それもそのはず、地下に加え、3階建てで、ほどほどの大きさはあるし、
学校や、買い物の便、レーゲンスブルクから自転車で15分程という、
立地条件もかなりいいのですが、値段が非常に高いこともあるでしょう。
ちょっと、欲を張っている大家さんの姿が見え隠れしています。

内壁を白く塗り直した後に、北側の窓と、玄関の扉が新しくなったりした
のも、ちょっと計画性のなさが見えます。

週末を中心に、何組もの人が見学に来ますが、ああ、ここの家族がお隣さん
になればいいな、と思ったり、ああ、この人たちになりませんように、と
思ったり、隣人としては、ドキドキです。

今日は、なんと、長女シクランの、幼稚園児代のクラスメートの家族が
見学にやってきました。丁度、パルメは洗濯物を干していた所だったので、
後で、うちにお茶しにどうぞ、と声をかけた所、来てくれたので、嬉しかった。

誰でもいいけど、小さな子供がいる家族がいいな。
うちの3人と一緒に遊べるような。
近所は、かなりお年寄りが多くて、一緒に遊べる子供がすぐ傍に居ないので、
とにかく、良い子がいる家庭を望むのみ。

部屋数があるので、子供がいる若い家族になる可能性は高いのですが。

反対の隣は、80代後半の一人暮らしのおじいさん。

|

« 鳥のえさ場にやって来る新顔 | トップページ | 予約第一号 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/40552260

この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキの隣人:

« 鳥のえさ場にやって来る新顔 | トップページ | 予約第一号 »