« 獣医さんへ行ってみました | トップページ | 黄色いトマトソース »

2011年8月19日 (金)

チャイルドハウス、建築中

木の上の、小さな小屋…。
そういうテーマの本をシクランが、数ヶ月前に読みました。
図書館で借りてきたのですが、いくつかの短編が連なった物で、
シクランは、たくさん楽しいイメージを膨らましたのでしょう、
そういうものが、自分でも欲しくなりました。

ドイツの庭のある家庭では、砂場や小さな滑り台は当たり前、最近は
トランポリンブームで、直径2mから3mくらいのものがあるのも
珍しくない。そして、運が良ければ、小さな木製の遊びの為の小屋がある。
日本語ではなんて言うのか知らないが、ま、チャイルドハウスとでも
言っておく。下が砂場になっていたりもする、はしごを上って行くタイプの
もの。

我が家の庭は、残念ながら狭く、カクタ君が自分で作った砂場と、
これまた家庭用としてはご立派な、特注のブランコがあるが、それ以上
子供のために与えられる場所はなし。

2キロ離れたところには、義母が大きな庭を持っているので、
この夏、そこに直径4m半のトランポリンを購入した。
義母の庭には、砂場もあり、おおきなどんぐりの木を利用した、
アルプスの少女ハイジを思わせるような、長い綱のブランコが一つ。

なんと、そこにチャイルドハウスを建設することになった。

子供も一緒に作業を手伝い、
スイスに旅行に行く前に、土台の4本の柱を建てるためのコンクリートを
流し込み、旅行から戻ってここ3日間、家族で通っては力を合わせて、
作業は大幅に進んだ。カクタ君も、今週一杯まだ仕事が休みなので
(ドイツは、仕事もゆったりと休みがある…)
今日は、屋根の土台が完成、明日一日かけての屋根完成と、
その後壁を作るのみ。床とはしご、落下防止の為の四方の壁(手すり)
は、ほぼ完成。(小屋の手前にベランダを設置予定)
床面積、2m80×2m40cm程度の立派なもの。

子供3人は、それぞれに、出来かけのチャイルドハウスにのぼったり
降りたりを楽しんでいる。森に隣接されたこのチャイルドハウス
(義母の家の隣は小さな森なので)には、たくさん蚊がやってくるので、
虫さされの薬を常備しないといけない。掃除のための、子供用のほうきも
既に設置。
春先には、さくらんぼがそこから収穫できるように、さくらんぼの木の
陰にある。
心配なのは、鳥の糞と、さくらんぼの時期のさくらんぼ落下。あとは、蚊と
ツェッケ。

今日も作業中、子供達は、義母の冷凍庫からシクランを中心にアイスクリームを
勝手に持って来ては、チャイルドハウスで食べたり、ミネラルウォーターと
プラスチックのコップを持って来ては、こなれた手つきで飲んでいる。

今後、どうなることやら。

夏休み前の7月中旬、トントンの通う幼稚園の一クラスを、義母の家に招待
する予定だったのが、悪天候のために、延期となり、新学期の9月に予定されている。

なので、このチャイルドハウスは、遅くともその9月中旬〜下旬を目指して
完成させることとなる。

|

« 獣医さんへ行ってみました | トップページ | 黄色いトマトソース »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/41273144

この記事へのトラックバック一覧です: チャイルドハウス、建築中:

« 獣医さんへ行ってみました | トップページ | 黄色いトマトソース »