« 今日はピアノの先生 | トップページ | 不謹慎なようで、心が痛むのですが… »

2011年9月29日 (木)

隣の家の猫2匹と…そしてその後の私達

愛猫ツェブリが亡くなってから、1週間が経ちました。

あの、あっけなく、なんの前触れもなく、私達の前から逝ってしまった
ツェブリは、考えれば、考える程、私達の理想の、最高の猫でした。

その後も、隣の猫二匹は、チャンスあれば我が家に遊びに来ていました。
オス猫リコは、夜になっても自宅に帰りたがらず、3時間でも5時間でも、
我が家でくつろいでいました。

猫大好きでたまらなくなってしまったシクランは、大歓迎していましたし、
パルメも、見ているだけで、少し心が安らぐようでした。

もちろん、ツェブリを想うあまり、なんとなくリコと比較して、
ああ、ツェブリなら、ああなのに、こうなのに…と、毎日ツェブリの
ことばかり考えていました。

率先して、リコやスーキーを撫でようとは思いませんでしたが、
家の外に追い出すために抱き上げたりすることがあるので、あの
しなやかな、猫の体の感覚が、なつかしく、そういう部分で癒されました。

猫達の我が家の訪問を公認していた隣人も、自分の猫がいずれ奪われるのでは、
という危機感があったのか、ツェブリの死を知った後、やんわりと
えさをあげないでください、と言われた。
それでも、おかまいなく、リコは我が家に入り浸ったのが理由か、
天気がいい日でも、外出する間は、二匹の猫を室内に閉じ込めていた模様。

猫は、しばらく飼わないけど、いつかは飼いたいと、家族みんなで思っていた
私達。でも、新聞記事を見ると、未だに生後9週目くらいの子猫を譲ります…
という類の記事があったので、欲しければまだ間に合うんだ、ということを
家族全員が知った後も、結論は、変わらなかった。

来年の夏日本に1ヶ月ほど行きたいので、その後、つまり今から1年半後の春まで
待つんだろうな、新しい猫と出会うのは…、と漠然と思いました。

が、告白します。
新しい猫が、我が家に来たのです。

続く…

|

« 今日はピアノの先生 | トップページ | 不謹慎なようで、心が痛むのですが… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/42100317

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の家の猫2匹と…そしてその後の私達:

« 今日はピアノの先生 | トップページ | 不謹慎なようで、心が痛むのですが… »