« 心配事が解決 | トップページ | トランペットのシーズン »

2011年10月28日 (金)

シクランとピアノ

新しい曲に手を付けるのを嫌がるシクラン。
一曲弾けるようになると、何ヶ月でも平気で同じ物を引き続けるだけの
粘り強さはある。
が、しかし、新しい曲をどんどんさせてあげたい一方、
母と子供のピアノのレッスンでは、なかなかモチベーションを高めることも
難しい。母親の時間があるときに、適当に見てあげる、というのが
その理由の一つ。なんせ、本人は、目標が持ちにくいのだ。

それでも、一人、よその子が、私の元でレッスンを受けてくれるようになると、
我が子にも、ちょっと刺激を与えやすくなった。
その子は、シクランより2才上だが、ピアノの経歴は、シクランよりも
短い。そして、指の基礎が全く出来ていないから、練習したら曲は弾けるものの、
音楽記号の意味もシクランほど分かっていないし(その知識の少なさには
びっくりするが、そういうものなんだろうな…)、
弾かせたら、8分音符のツブの不揃いが、とっても耳に痛い…。

つまり、ちょっとその気にさせたら、シクランの方がずっとずっと上手に弾ける
のだが、なんせ、そこは若い(幼い)子供。母親がつきっきりで見ていて、
やる気さえあれば、1時間でも練習できるが、いつもそうとはいかない。

難しくはないが、とっても良い曲が載っている本があって、それを久しぶりに
出して来て、物色していたら、とっても難しそうで、かっこ良く聞こえ、
発表会にも使えそうな曲だけど、実は実は、とってもとっても簡単な曲が
あった。

一度、シクランのために弾いて聞かせ、これやってみる?と聞くと、
案の定、難しそうだし、長い、と即断られた。

が、種明かししたら、それが、どんなに簡単な作りであるかを理解し、
ものすごい勢いで、譜読みが出来、なんと、二日で1ページを弾けるように
なった。繰り返し部分も多いので、この調子だと、あと、2日で、ほどほど
弾けるようになる。

|

« 心配事が解決 | トップページ | トランペットのシーズン »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/42717785

この記事へのトラックバック一覧です: シクランとピアノ:

« 心配事が解決 | トップページ | トランペットのシーズン »