« 秋休み | トップページ | 猫ってやっぱり素敵 »

2011年11月 6日 (日)

ピアノの先生、その後

ピアノの先生となってから、もう2回目の月謝袋にはんこを押しました。
今のところ、いい調子です。
そして、とっても恐ろしい事に気付きました。

あの、退屈な指の練習が、いかに大事であるか、ということを。

日本だったら、その指の体操をしないでピアノのレッスンを受けることなんて、
きっと出来ないと思いますが、私のところに来てくれている8才の女の子は、
なんと、今までそういう練習をほとんどした事がないとのこと、
どんなに頑張って一曲弾いても、八分音符の不揃いさには、本当
耳が痛い。

一方、我が子シクランは、先生に恵まれないとはいえ(?)、一応指を鍛える練習は
それなりにやらされて来た。演奏テクニックに、やはり弱点はあるものの、
指一本一本の働きときたら、その子と比べて雲泥の差。

実は、もう一人、ピアノを習いたい子がいるのですが、その子は、
父親がピアノを買う事を拒んでいるのです。
キーボードはあるけど、母親も子供もピアノに興味があるけど…。

その子のために、ピアノのレンタルとか調べてみたけど、思うようないいものには
出会えない。シクランの親友なので、なんとか生徒として確保したいところ。

さあ、どうなるかな。

|

« 秋休み | トップページ | 猫ってやっぱり素敵 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/42887344

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの先生、その後:

« 秋休み | トップページ | 猫ってやっぱり素敵 »