« シクランとギター | トップページ | 末っ子ルック、初めての嘘 »

2011年12月15日 (木)

ピアノのレッスン

パルメはピアノの先生をしている。生徒は一人、9歳の女の子。

9月の終わりから初め、もう3ヶ月になるが、なかなか成果が上がっているとパルメは思っている。以前の先生が、基礎練習をさせていなかったこと、日本が3歳からピアノを始めるのに対し、ドイツでは、6歳くらいで始めるのが普通であることの弊害?らしいものを、なんとなく見ることが出来た。

指の動きが極端に悪く、八分音符のツブが揃わないし、左手なんか、特にぐちゃぐちゃ。基礎練習強化と共に、一曲は、レベルが高めの曲を与えてみた(本当は難しすぎたと反省しているが)のだが、親には、それがどうやら嬉しかったよう…。

絶対音感というものがゼロで、自分の音が間違っていても分からない。パルメが弾いて見せた音を、パルメの手元を見なかったら、弾く事が出来ない、つまり、何の音を弾いているか分からない。

もう2〜3年も習っている生徒とは思えないレベルの間違えも非常に多く、楽譜も上手に読めない。

でも、それは、パルメにとっては、いつも面白い発見。良い勉強材料。本当は、もう一人くらいレッスンがしたいとは思うもの、まだ、我が子の面倒をちゃんと見てあげないと行けないから、もう少しゆっくり構えてみようと思っている。

|

« シクランとギター | トップページ | 末っ子ルック、初めての嘘 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/43388474

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノのレッスン:

« シクランとギター | トップページ | 末っ子ルック、初めての嘘 »