« クリスマス前最後の学校の日は | トップページ | 2012年の抱負 »

2011年12月25日 (日)

いつものようにクリスマスは…

我が家のクリスマスは、毎年恒例 

イブの日には、カクタ君兄弟の長男宅に一家全員が集まり、今年は、兄弟とその家族、オーマおばあちゃん、私にとっては義母と、次男夫婦のクライナ人の友達が集まり、合計13人。

美味しいけれど、毎年おきまりのメニューの後は、クリスマスツリーの下に並ぶ、とってもとってもたくさんのプレゼントを開けて、開けて、開けまくって

これは、1993年、パルメがまだ学生だったときにドイツで体験した初めてのクリスマスでみた光景と同じ。プレゼントを見るだけで、時間も時間も費やすとい、日本人として受けたカルチャーショックをドイツに住むよになってからの年間、毎年繰り返しているのですが

翌日25日は、オーマの家で、また家族全員が集まって、つまり前日と同じメンバーで、昼食を食べました。

オーマの鹿肉料理は、格別で、レストランなどでも、こんなに美味しいものはまず食べられません。

付け合わせは、カクタ君の作った赤キャベツを煮込んだものとパルメの作った、シュバーベン地方の麺料理として有名なシュペッツレ。実は、次男の奥さんが、そのシュバーベン地方出身者なのですが、オーマは、パルメにいつもそのシュペッツレを注文してくれます。

12月一杯と元旦は、カクタ君が休みなので、その後はだらだら気ままに過ごしております

|

« クリスマス前最後の学校の日は | トップページ | 2012年の抱負 »

私、家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/43723157

この記事へのトラックバック一覧です: いつものようにクリスマスは…:

« クリスマス前最後の学校の日は | トップページ | 2012年の抱負 »