« ピアノのレッスン | トップページ | ゲーテとレーゲンスブルク »

2011年12月17日 (土)

末っ子ルック、初めての嘘

もうすぐ幼稚園に行くという、2歳8ヶ月のルック。言葉の出が極端に遅いこの子が、なんと初めて嘘をつきました。

ふざけて、わざと間違ったことを言ったりする、ということは、何度も経験しているけど、今回は、本当に『嘘つき』です。

入浴後のこと。まだ、上半身しかパジャマを着せるのに成功していないのに遊び始めてしまいました。そのうち、お風呂場にいたパルメのところに、助けを求めてやってきたルック。足のうらにうんちがついています。

うんちをふんじゃった、というのは、一目で分かるのですが、何だか知らないけど、本人「みゃお」といいながら、そのうんちのついた足を見せるのです。丁度、向こうから、お兄ちゃんのトントンが、猫がお部屋でうんちしちゃってる!と叫んでいるところと合わせて、なるほど、ルックは、猫のうんちをふんじゃったのね、と理解するパルメ。

ルックにも、「猫ちゃんのうんちふんじゃったの?」と聞くと、「はい」を意味するルックの言葉あり。

本当に、猫のうんちの匂いと、パルメも思い込むものの、カクタ君に言われて、しぶしぶルックのお尻を見るに…coldsweats02

まぎれもない、ルック自身のうんちでした。wobbly

悪知恵がついたのか、早とちりをしたパルメが悪いのか…、いずれにせよ、後々考えてみれば、少なくとも見た目は猫のうんちではなかった…。

ま、かわいい嘘だったということに、しておきましょう。なんせ、我が家には、猫が3匹も出入りしているのですから。

|

« ピアノのレッスン | トップページ | ゲーテとレーゲンスブルク »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/43407280

この記事へのトラックバック一覧です: 末っ子ルック、初めての嘘:

« ピアノのレッスン | トップページ | ゲーテとレーゲンスブルク »