« ウィンタースポーツ | トップページ | お泊まり »

2012年2月22日 (水)

日本語の勉強

シクランは、1歳半から二カ国語で話が出来たのをはじめ、幼稚園でひらがな、カタカナを習得した。シクランは、お勉強ごとは、しっかり頑張れるタイプなので、やる気を引き出すのが母親の仕事だった。

トントンは、我慢づよく、集中力はあるが、机に向かうのは苦手。でも、年中さんとなり、自分からABCを進んで書くようになっていた。といっても、パルメが教えたことに忠実に、Bを書く時は、おっぱい、Dを書く時は、ビールッ腹(ドイツ語で)、と口にしながら…。

もしかして、とひらがなの練習のためのプリントを用意したところ、なんと、毎日3つづつ、ひらがなを勉強。それを見た、2歳11ヶ月のルックも、自分にも!と要求するので、簡単なひらがなを練習。そもそも、ルックは、絵も上手で、机に向かうのも好き。はさみも上手。大好きなお兄ちゃんを真似て、ABCまたは、似たような文字っぽいものを書いていることを考えれば、不思議ではない。

さてさて、シクランは4歳でカルタ遊びも出来たが、それ以来カルタはしまい込んだままだったので、それを引っ張り出してきては、勉強のために利用。トントンには、これ、もう勉強したやつだね、何だったかな、と絵札を見せ、ルックには、文字が読めなくても日本語の単語の確認をさせようとしてみる。

そこで分かったのは、トントンは、日本語の単語数が非常に少ないこと。彼はパルメの話す日本語は十分理解できているが、口から出るのはほとんどドイツ語だけに、日本語の単語が思いつかない。

ルックは、言葉が出始めたのは、ここ1ヶ月、幼稚園に通うようになってのことだが、なんと、今では、絵を見て、色々なドイツ語を言うことが出来る。彼の口から聞いたことない単語が、次々と…。そして、日本語でなんと言うかを聞かせると、おうむ返しに言ってくれる。

忙しい毎日だけれど、ここで、母親が頑張らないと行けない。チャンスを与えれば、子供達は学んでくれる、ということを認識した。

|

« ウィンタースポーツ | トップページ | お泊まり »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/44214814

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の勉強:

« ウィンタースポーツ | トップページ | お泊まり »