« イースター休暇 | トップページ | ルックの変身 »

2012年4月 4日 (水)

チューバ

7歳のシクランは、小柄で、平均の身長体重のグラフでは、ぎりぎり一番下のラインです。先日小児科で定期検診を受診した際、両親の身長を聞かれました。私が153、父親のカクタ君も、平均180のドイツ人男性の割に小柄な176。

さて、地元に、8歳から12歳を対象としたブラスバンドがあります。以前から存在は知っていて気にしていたのですが、7歳のシクランも仲間に入れてもらえるとのことで、練習現場にお邪魔しました。

もともと、私の影響か、トランペットに興味を持っていたのですが、事前にパソコンで色々な楽器の演奏を見せたところ、クラリネットの音は嫌い、サックスがかっこいい、というふうにシクランは判断しました。たまたまチューバの演奏も見せました。すると…、なんと、あろうことか、チューバがやりたい、と言い始めたのです。

小さな体に大きな楽器。

面白い、といえば面白いのですが、移動や、楽器の保有に問題があり。肺活量などの問題ももちろんある。でも、指導者に希望として「チューバ」と言っても、笑い飛ばされるだけだろうと思っていた。

…が。

今は無理だけど、1年後なら出来るかな。それまでは、バリトン(ユーフォニアムに似た楽器)をやってみよう。チューバは丁度貸してあげれる楽器も一つ余分にあるよ。

とても寛大な返事が帰って来てしまいました。

それならトランペットの方がいいな、と私は思いました。いっそうのこと、チューバの次の希望のアルトサックスの方がもっといいな。

3週間後にでも、バリトンを試しに吹かせてもらう予定ですが、その後サックスに乗り換えることが出来たら嬉しいな、と密かに思っている、母、パルメでした。

|

« イースター休暇 | トップページ | ルックの変身 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/44746115

この記事へのトラックバック一覧です: チューバ:

« イースター休暇 | トップページ | ルックの変身 »