« パルメの一週間 | トップページ | うれしい、幸せ、ありがたい »

2012年4月18日 (水)

本物のピアノの先生

同じ鳥取県出身で、以前この町レーゲンスブルクに住んでいた人と、久しぶりに週末長電話をした。音高、音大を日本で終えた後、ベルリンの音大に5年間所属した、コンサートピアニスト。

シクランも、2ヶ月だけ、その先生にピアノを習った事があるが、その時は、30分×週2回のレッスンで頑張らせた。そして、同席して、私もピアノの先生になるつもりで、色々勉強させてもらったことがある。

この先生は、素人ながら、ピアノの先生を始めてしまった私にも、色々教えてくれる。和音のこと、生徒に与える教材のこと、などなど。指の練習曲集について話をしているとき、何巻のグループ何番、その中のどれを見ろ、と頭の中に大切な練習曲の番号まで納まっているらしい。それには、本当びっくり。パルメが最近、連弾を楽しんでいる話をすると、それぞれの曲や作曲家についてもすべてご存知。音大生が良く弾く曲だわ、とか…。

でも、こんな立派なピアノの先生と親しくお話させてもらえるなんて、そして、気軽に色々と教えてもらえるなんて、ありがたい。私も、素人ながら、一応生徒一人を抱えるピアノの先生…。私で出来る範囲の勉強をしていきたいと思っている。なんせ、それ自体、楽しいんだもの。

|

« パルメの一週間 | トップページ | うれしい、幸せ、ありがたい »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/44924149

この記事へのトラックバック一覧です: 本物のピアノの先生:

« パルメの一週間 | トップページ | うれしい、幸せ、ありがたい »