« 祝1歳 | トップページ | スーキーは、お母さん »

2012年6月15日 (金)

親ばかでごめんなさい

シクランが、3週間ぶり4回目のユーフォニアムのレッスンを受けた。
1回目は、チューバしか楽器がなく、チューバを試しに吹いてみたのと、
ユーフォニアムのマウスピースを使って練習したのみ。
2回目は、ユーフォニアムを20分のレッスンで吹いた後、
自宅では、楽器が借りられなかったので、2週間、マウスピースのみの練習。
3回目のレッスン後、初めて楽器を貸してもらい、3週間の休暇中、ほぼ毎日
数分間の練習をした。

先生は、専門の勉強をした若い男の先生で、とてもわかりやすく、具体例をあげて
子供がイメージしやすいように教えてくれるので、傍で見学させてもらっている
私にも、良い勉強になる。

先生にとって、シクランは、一番若い生徒だそうだ。普通は、8歳から仲間入り
するところ、7歳半のシクランもレッスンを受けさせてもらえる事になった。

さて、3週間自宅で、初めてまともに練習したあげく、出かけた今日のレッスン。

宿題となっていた童謡は、最初の4小節だけだったが、それどころか、一曲簡単に
吹いてしまったシクラン。
先生は、びっくりして、目が点。予想を遥かに越すレベルに、思わず先生、
笑ってしまいました。そして、何度も何度も、そのびっくりを表現してくれました。

私、パルメも実はびっくり。我が子だから、そりゃあ、親バカといえば、それまで
ですが、実際、自分もトランペットを9歳で始めた時のことを思い出すと、それは、
それは、シクランのすごさは、パルメにもよく分かります。

でも、これは、自分の子供だから褒めるのではなくて、というか、私がコントロール
することもできない世界で、単にシクランの才能とセンスだとしか、言いようが
ありません。

もちろん、親のパルメも、サポートを一生懸命していて、少しでも助けようと、
あの手この手で練習のモチベーションを高めようとしたりはしているけど。

早速、来週までの宿題と、今日先生が教えてくださったことを、シクランのために
五線譜にかいたりして…。

シクランが頑張るのと同時に、パルメも、再びトランペットを頑張りたいな、と
思っている、今日この頃でした…。

|

« 祝1歳 | トップページ | スーキーは、お母さん »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/45659842

この記事へのトラックバック一覧です: 親ばかでごめんなさい:

« 祝1歳 | トップページ | スーキーは、お母さん »