« お騒がせな猫の親子 | トップページ | トントンについて »

2012年6月26日 (火)

男の子が夢中になるということは…

工具に詳しく、土方作業や、木工作業が得意なトントン。
最近、金属製の子供用ねこ車の車輪が動かなくなった。
丁度、お留守番中だったトントンは、長屋の二軒先の
おじいさんにお願いして、工具を借り、直そうとしていた。

10分ほど出かけていて戻って来てみると、一生懸命
修理作業をしているので、見てみると、タイヤのねじを
ゆるめようとしているので、泥が溜まっているか、さびている
のが原因かもよ、と意見してみた。

おじいさんに借りたペンチを返し、結局、そのおじいさんが
油をさして修理してくれた。

その3日後の今日、今度はタイヤが外れてしまったので、
ヨーンさんちに行って直してもらう!と、一人で出かけて行った。
パルメには、助けを求めず、すぐにヨーンさんちに行くのは、
ちょっと悲しかったが、老夫婦二人で住んでいるヨーンさん
にとっても、小さな友達がいるのは、悪い事ではないかも、と
甘えさせておく事にした。

ヨーンさんは、いつも、果物やチョコレートなど、それぞれの
子供が片手に持てる程ずつくれるが、どうやら、今日は、
チョコレートをくれたらしい。

トントンは、そのいただいたチョコレートを、すばやくズボンの
前ポケットに突っ込んだまま忘れていたらしい。
実は、そのポケットのところが濡れたようになっていたが、
よく水遊びするから、濡れたんだろうと、気にしていなかった。
実際は、そのチョコレートがべちょべちょに溶けてしまった
らしい。ねこ車の修理うんぬんで夢中だったトントン。
チョコレートのことも、すっかり忘れるとは…。
男の子というのは、すごい、と思った出来事でした。




|

« お騒がせな猫の親子 | トップページ | トントンについて »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/45885118

この記事へのトラックバック一覧です: 男の子が夢中になるということは…:

« お騒がせな猫の親子 | トップページ | トントンについて »