« 年甲斐もなく | トップページ | 夫婦間の考え方の相違 »

2012年9月24日 (月)

猫たちは

前代の猫、ツェブリがなくなったのは、2011年9月19日。
早いもので、1年が経ちました。
なくなった翌日に買ったシクラメンのピンクの花は、
パルメ達が日本から帰って来た9月11日の時点で、
立派に花を咲かせていました。
(パルメが不得意とする、シクラメンですが、カクタ君が
ちゃんと世話をしていてくれたからかな…)

我が家にいる猫は、2代目マルリーノと、その息子、クローノ。
クローノというのは、冠に相当するクローネを男の子っぽくした
名前です。(シクラン命名)

二匹のトラ猫は、今でこそ、大きさを見ればわかるけど、
後は、時間の問題。いつまで簡単に見分けられるかな。

食べる時のくせ、食事の好み、鼻の色で判断出来るけど、
その後どうなるかな。

隣の子猫もまだ2匹いるから、結局我が家には、もっとたくさんの
猫が出入りするけど、もう、あまり積極的に隣の猫を我が家に
入れないようにしています。
そうでないと、トイレも、食事も、部屋の汚れ方も、本当に大きな
影響を受けるからです。そこまで、世話は見切れない。

でも、猫の居る生活、いいですね。

|

« 年甲斐もなく | トップページ | 夫婦間の考え方の相違 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/47198495

この記事へのトラックバック一覧です: 猫たちは:

« 年甲斐もなく | トップページ | 夫婦間の考え方の相違 »