« こだわりやのカクタ君に対抗して、主婦ならではの… | トップページ | いつも感動、トランペットのレッスン »

2012年10月14日 (日)

息子に頼る

年を負った母が、息子を頼る…。
でも、まだ40の母が、5才の息子を頼ることをしてもいい…と思う。

しばらく前、自転車のベルが機能しないことを知り、カクタ君が他の物を
注文するついでに、ベルも注文してくれた。
小包が届くと喜ぶのは、我が家の3人の子供。
カクタ君宛てだが、普通、カクタ君の帰宅を待たずに開けても良いことに
なっている。

先日、小包が届き、子供が開封したところ、無難なベルが入っていた。
つまり、普通の+ドライバーで自転車のハンドルに取り付けられるもの。
なので、トントンに、ママの自転車の古いベルを外して、新しいのを
取り付けてくれる?とお願いしたら、まず、ガレージに下見に行き、地下に
適切な大きさのドライバーを取り出し、一人で勝手に作業開始していた。
途中、90℃取ってが曲がったドライバーがあったらうまく行く、と判断
したらしいが、地下でそれが見つからなかったらしく、困っていた。
そんな特殊なドライバーがあることなんて、パルメは知っていたが、この
瞬間思いつきもしなかっただろう、と息子に関心。
パルメがちょっとアドバイスをして、普通のドライバーを使って、トントンが
ベルを取り付けてくれた。一人で…。

嬉しかった。かなり。自分の幼い息子を信頼して、助けてもらえたことが。

|

« こだわりやのカクタ君に対抗して、主婦ならではの… | トップページ | いつも感動、トランペットのレッスン »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/47444130

この記事へのトラックバック一覧です: 息子に頼る:

« こだわりやのカクタ君に対抗して、主婦ならではの… | トップページ | いつも感動、トランペットのレッスン »