« カードゲーム | トップページ | クリスマス市 »

2012年12月 7日 (金)

聖ニコラウス

12月6日は、聖ニコラウスの日。
幼稚園や学校には、ニコラウスが来て、プレゼントをくれる。
司教の帽子と杖を持っているひげのおじいさんだが、
幼稚園などに来るニコラウスのひげは、耳からかけた付け髭。
子供達にも、偽物だとすぐにばれる。

大概の家には、小さなプレゼントが届けられるが、
ニコラウスの姿は見かけることなく、日本のサンタクロースの
ように、プレゼントを枕元や、玄関先に、夜の間に置いておくらしい。

ニコラウスは、金の本を持っていて、そこに、それぞれの子供の
過去1年間の行いの、良いこと、悪いことが書かれている。

シクラン(7才)の友達は、8才や9才の子供ばかりで、
大概の子供達は、もうニコラウスの存在を信じていない。
お父さんやおじさんが、ニコラウスの代わりをしているのだ
と思っている。

地元の教会関連者が、献金をもらう代わりに代行サービスもしていて、
事前に予約をすれば、金の本を持って、各家庭訪問も実施している。

我が家に来るニコラウスは、本物。
…というか、限りなく本物に近い偽物で、

劇場の衣装、劇場仕上げの化粧。もちろん、ひげをとりつけた
ひもなんて、見えるはずもない。

シクランが、ニコラウスの存在に疑惑を抱いていることを知っている
このニコラウスは、自分のひげを触らせて、シクランに、本物で
あることを信じさせた。

その他、シクランは、ニコラウスの前で、ユーフォニアムを演奏、
トントンも、へたくそなリコーダーを披露した他、幼稚園で習った
歌を歌った。ルックは、クリスマスソングのふざけた替え歌(一般
に知られているものをもう一ひねりした自作)を、どうどうと
ニコラウスに歌って聞かせた。こいつは、大物になる、と思いながら、
大笑い。

ニコラウスは、なんでも知っていた。
食べるときのお行儀が悪いことや、トントンがルックに対していつも
いいお兄ちゃんであること、その反面、夜は、なかなかお風呂に
入りたがらないこと。

ニコラウスには、天使がその情報を届けるらしい(本当は、パルメ
だけど、うふふ…)。

クランポスと呼ばれる、こわい人もいた。悪い子供は、袋に詰めて
連れて行ってしまうらしい…。今年も、我が3人の子供達は、無事
だったが、怖がっていた。

今回は、直前に、クランポスから、写真を取ってください、ってデジカメを
渡されたの。このクランポスも、今年で、我が家3年目かな。
実は誰か知らないんだけど、多分、ニコラウスのお友達でしょう…。
ちなみに、ニコラウスは、カクタ君の従兄弟で、そのお父さんが
現役時代は、劇場関係者だったのです。

今年も、無事に、終了した行事ですが、シクランは、ニコラウスが
去っていった後、やっぱり、ニコラウスは居たわ。よく見たけど、あれは
やっぱり本物、と確信していました。ちなみに、ひげはちょっと硬かった
そうです。

|

« カードゲーム | トップページ | クリスマス市 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/48121529

この記事へのトラックバック一覧です: 聖ニコラウス:

« カードゲーム | トップページ | クリスマス市 »