« 病気 | トップページ | レシピ 「新年」 »

2012年12月26日 (水)

聖夜

家の模様替えの必要に迫られていたが、23日の夜の時点で、
このクリスマス中に、大きな進展が期待出来るようになった。
今まで寝室に家族全員が雑魚寝状態だった我が家。

子供部屋も、3人が共同だったところ、11月以降、
シクラン一人の子供部屋となった。壁紙や装飾が、きれいで
かわいい女の子の部屋になり、一方で、寝室に男の子達の
おもちゃが舞い込んで来て、その後、寝る前に片付けが
できていなくて、ヒスが起きそうになる毎日が続いた。

夫婦のベッドを今まで納戸として使っていた隣室に移し、
今までの寝室を男の子二人の子供部屋とした。そのために、
24日は、それ以前からカクタ君が少しづつ作り上げて来た
二段ベッドを組み立てたりと大忙し。

直接的ではないものの、パルメは、その作業がはかどるように
日本人的配慮?で、色々頑張ったつもりだし、その成果にも満足
していた。

そして、クリスマスイブの夜は、8年ぶり、夫婦二人で邪魔
されずにベッドに入る予定だった。
クリスマスを、親戚と楽しく過ごし、疲れていたため、子供達は
新しい部屋、新しいベッドで添い寝もなく上手にすぐに眠りについた。

そして、夫婦の寝室では、その後、久しぶりの大げんかが起こった。

いつもの通り、理由は、パルメが片付け下手だということ。物を
捨てないということ。

喧嘩をすると、カクタ君にはかなわない。いつもコテンパにされる。
一生懸命頑張って片付けて、新しい部屋を使える状態にして、
満足していたそのときに、このネタで発生した喧嘩。

翌25日の日中は良かったものの、夕方からまた再発。そして、
パルメの言い分、「カクタ君の目ではそうでなかったかもしれないけど、
パルメなりに努力して、パルメのレベルでは、この日はとっても頑張った
と思っただけに、昨日怒られたことが悔しかったこと」を言った。

そのとき、分かった。
「努力した」というのが、認められる価値でないということ。
学校の成績評価で記載される内容で、「努力した」ことを認める表記が
あれば、それは、良い成果を収めていないが、努力した、と表記することで
プラスに聞こえる。でも、行間を読むと、それは、マイナス評価である。

だから、パルメの努力は認められる価値のないものなんだって。

今日は、カクタ君がベッドに入る前にベッドに入って眠ってしまおうと思った。
同じベッドで眠るのもゾンゾがつくくらい、昨日からのカクタ君が
大嫌いだから。でも、流れが変わって、そうしてしまったら、また逃げたことに
されてしまう。でも、この喧嘩を受けても勝ち目はなく、悔しくて、悔しくて
たまらず、その気持ちの破棄口もない状態に押しつぶされてしまう。

|

« 病気 | トップページ | レシピ 「新年」 »

私、家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/48469886

この記事へのトラックバック一覧です: 聖夜:

« 病気 | トップページ | レシピ 「新年」 »