« 今晩のメニュー | トップページ | 年明け »

2012年12月30日 (日)

獣医さんが病気

いつもお世話になっている獣医さん。
合気道をきっかけとして、日本語を勉強したこともある、
またトロンボーンを練習していたり、庭で野菜栽培をして、
サラダ菜の葉っぱをうさぎのためにと獣医の診療所にもって
きたり、クラシックカーを買ったり…と、色々話を聞くと面白い
獣医さん。

28日金曜日の朝、我が家のオス猫クローノの去勢手術を
予約していて、前日夜から断食をしたクローノを車に乗せ、
約束通り病院に向かった。

車の中で、大人しくしていたクローノ。道中、ずっと話しかけ
ながら、助手席の篭に小さくうずくまるクローノが、途中
ミャオー、とないたりして、無事病院に着いた。

が、病院のドアには鍵がかかっており、1月3日から診察開始
と張り紙がある。そのうえ、私が予約していた時間、10時15分
に、どうやらダブルブッキングがあったらしく、その予約をしていた
フォーゲルさんちの電話番号が違っていたらしく、連絡出来なかっ
た旨、メモが貼られていた。

病院前から、先生の携帯電話に電話してみると、クリスマスから
病気だという。予約していた人には、電話で連絡をしていたようだが、
どうやら私の存在は、スケジュールに入っていなかったようで、でも
それに対しての謝罪の言葉はなかった。がっかりだ。

咳がひどいし、体調もかなり悪いようで、声も力がない。
空腹のオス猫と、今病院の前にいる旨話したら、来れなくもないけど
体調が悪いから…とのこと。
大切な去勢手術だけに、病気で咳をしている獣医師になんか見て
もらうことは嫌だ。せっかく断食したのに、クローノかわいそう…。

でも、獣医さんに、お大事に…と言葉を残し、また改めて手術の予約を
入れることにした。

|

« 今晩のメニュー | トップページ | 年明け »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/48526253

この記事へのトラックバック一覧です: 獣医さんが病気:

« 今晩のメニュー | トップページ | 年明け »