« 猫アレルギーその後 | トップページ | トントンのテーマ »

2013年1月 8日 (火)

マルリーノも、本来のマルリーノに。

クローノの去勢とは、今の所関係ないようだが、
マルリーノも、ここしばらく、本来のマルリーノに戻って来たようだ。

人なつっこさ、のどの鳴らし加減、二段ベッド登りでは、クローノに負けるが、
猫の奔放さ、行儀の良さ、トラ模様の美しさ、狩りの達者さなど、
クローノには、真似出来ない猫。

最近は、家の中に落ち着ける場所を2、3カ所見付けたようで、
家にいる時間もぐっと伸びた。

私達家族に対する愛情、信頼感も、元に戻って来たようで、
ほっと胸をなで下ろしている所です。

時々、クローノに、理由もなく飛びかかったり、攻撃的であったりする他は、
二匹並んで眠ることも、稀にあるし、一緒に並んで食事することもある。

マルリーノの魅力は、一匹狼的な自由奔放さと、器量、気立ての良さ。

本来の魅力を取り戻して来たマルリーノ。

抱きたくても、撫でたくても、じっと我慢をしないといけないが、それも
マルリーノだから。
そんなマルリーノも、とってもとっても大好き。
猫って、本当に、素敵。


|

« 猫アレルギーその後 | トップページ | トントンのテーマ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/48648204

この記事へのトラックバック一覧です: マルリーノも、本来のマルリーノに。:

« 猫アレルギーその後 | トップページ | トントンのテーマ »