« こんにちは、太陽 | トップページ | トントンも誕生会 »

2013年2月 8日 (金)

男の子の遊び

寒い冬。雪があれば、子供達は外で遊ぶが、そうでなければ、家の中での
遊びが中心となる。
でも、時々は外で遊んでくれないかな、いいアイディアがないかな、と
おもいつつ、子供をかまう時間もなければ、外に自ら率先して出る気力も
ない私。

少し前のこと。
残雪がある庭に出かけて行った男の子達。
何をしているかと思えば、雪をプラスチックの大きな保存用ケースに
ぎゅうぎゅうに詰め込んでいる。押寿司の要領で…。
四角いプラスチックは、太鼓のように真ん中がふくれあがっていた。
このままでは、壊れてしまう!とパルメが言ったら、すぐに雪を取り除いて
くれたので、とりあえず良し。
でも、この遊びを思いついたときは、とっても面白かっただろうな、と
想像して、我が子ながらに、なかなかのいいアイディアだと思って、
一人にやりと笑ったものだった。

いつだかは、外が暗くなったら外で遊ぶと張り切っていた長男トントン。
長女シクランを誘ったが断られ、次男ルックと一緒に遊んでいた。
何をするのか聞いてみたら、ネズミを捕まえるのだ、という。賢いシクランは、
そんなことが出来るはずがない、と室内で一人大人しく遊んでいた。
勝手にいくつかの道具を持ち出していたが、実際何をしたのかは不明。
いつまでたっても戻って来ないので様子を見に行ったら、雪をあつめて
バケツやザルを使って料理ごっこしていたようだった。

今日も、二人の息子が外に出かけた。
ガレージを中心に遊んでいるようだった。
何を悪いことしているだろうか、とは思ったが、そのまま放っておいた。
すると、リサイクルゴミの中から、テトラパックの牛乳パックについている
プラスチックの丸い蓋だけを一生懸命回収していたようだった。
我が家が買う牛乳は、いつも同じメーカーではなく、たまたま現在
2種類の牛乳ゴミがあったようで、しかもそれぞれの蓋の直径が
異なるものだった。
これも、以外と面白いに違いない。集中して、絞められた牛乳パックの
ふたを丁寧にねじって一つずつ外し、一つの入れ物にまとめる…。
一人ではツマラナイだろうが、二人でやれば、きっと面白いだろう。
どんな会話をしていたのかな、と思うとまた、ニヤニヤしてしまう。

その後室内で遊ぶ二人。なんと、ミネラルウォーターの角張ったペットボトル
(5リットル入り)も、そのリサイクルゴミから拾って来たのだが、そこに、
牛乳のキャップを目としてひっつけ、油性ペンで鼻や口を描いて、顔に
仕上げていた。一人一つの作品。
一体その目は、どうやってひっつけたのかと思うと、蓋2つを一組として、
入れ物の容器と蓋のようにカチッとはめあわせ、直径の大きい方が上に
なるようにして、ボンドで貼付けていた。もちろん黒目も油性ペンで…。

アイディアマンだなぁ、と我が子ながらに関心した。

最近、遊びが見つからないと、パソコンやiパッドに向かいがちな子供達、
想像力の低下と視力の低下の可能性など気にしている矢先のこと
だったから、とっても嬉しい外遊びでした。

|

« こんにちは、太陽 | トップページ | トントンも誕生会 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/49259541

この記事へのトラックバック一覧です: 男の子の遊び:

« こんにちは、太陽 | トップページ | トントンも誕生会 »