« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月26日 (火)

久しぶりに子供とショッピングセンターへ

子供が学校や幼稚園に行っている間に、さっさと買い物を済ますのが
普通だが、それでも、子供にもたまには、ショッピングセンターに
連れて行って、おもちゃや、素敵な物を勝手に見れるような時間を
与えたいとも思う。面倒くさいけど。

義母が一緒にいると、子供のことを考えてくれないから、
子供達3人は、ショッピングセンター=退屈、時間ばっかりかかる買い物
という印象が強いらしいが、パルメは、そういうときには、自分の
ことは、最小限にして、子供の視線を重視しようとも思うから、
テキパキと必要なお店だけ覗く。

なので、結果的には2時間近くいたショッピングセンターだが、子供達
にも楽しめたようだ。

シクランの靴2足(普段用と、ランニングシューズ)を買った他、夏の
ワンピース、トントンには、本人が気に入った骸骨の大きな絵が入った
長袖Tシャツやトレーナーなどを買ったりしたので、結果的に両手一杯に
抱える荷物になったが、途中ベンチに座ってチョコレートを食べたりも
したし、楽しかった。

また、時々そんなお買い物をしたい、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルックの誕生日

木曜日に4才となったルック。当日は、自宅で4人の友達を
呼んでの誕生会。1人は、にママとのお別れ出来ず、誕生会には
結果的に不参加。
4才の子供の誕生会だからと甘く見ていたが、ものすごい大騒ぎ。
こちらの計画通り、さ、今から工作しましょ、と誘っても、やる気がない
ということで、皆が却下(我が子はやりたがるけど)。
用意していたゲームをやろうと思っても、嫌だ、とのこと。
2つ考えていたうちの一つは、やり始めたら、皆が乗って来たので
結果オーライ。でも、本当やりにくい誕生会だった。

しかも、義姉と姪がお祝いに来てくれたものの、誕生会の途中なのに
雰囲気が読めず、結局30分近く上がり込んでお茶を飲んでいったので、
その間、子供達は、投げっぱなし。

誕生日前日は、午前中ケーキを焼き、午後はピアノのレッスンなどの
予定が詰まっていた。当日午前中は、翌日幼稚園でのお祝いのための
ミニマフィンの飾り付けや、部屋の掃除、部屋のデコレーションなど、
とにかく立ちっぱなし。誕生会終了後は、教会でのトランペット演奏の
打ち合わせがあったりして、その後9時過ぎに帰宅してから、立つことも
出来ないくらいにくたくた。

ルック本人は、誕生会途中に、3回くらい泣かされたものの、楽しかった
らしいので、それなら、良かった。メインのケーキも、本人の希望で作った
木イチゴのケーキ。パルメの苦手なタイプのゼラチンを使ったケーキで
案の定途中失敗したものの、修復に成功、結果的にはとっても美味しく
見栄えも良いケーキだったし。

誕生日の本人が、楽しい一日を過ごすためには、親の苦労は当たり前。
孫の誕生会のためには、パルメは、娘、嫁の助けが出来る良いおばあちゃん
になりたいものだ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクランのマラソントレーニング

5月に行われるマラソン大会。子供には年齢に応じたミニマラソンが
用意されている。8才のシクランは、1キロマラソンだが、それでも
週に2回のトレーニングが、希望者には用意されていて、それに
予定の会う日だけ、参加することにしている。

仲良しのレニーは、家族で参加するから、シクランも、時間が合うときは
連れて行ってもらうことにしている。が、今日は、例外的にエファと
そのお母さんに連れて行ってもらうことになっていた。
しかし、悪い予感通り、エファは、天候が悪いことを理由に行かないことに
なった。

今日は、カクタ君はミュンヘン泊。夜6時から7時までのトレーニング
に、小さな弟2人をかかえているパルメが連れて行くのは、本来易しい
ことではない。
が、なんせ、今は2週間の休暇中でもあり、カクタ君の帰宅に合わせた
夕食の用意も不要ということもあり、今日は、パルメが連れて行こうと
思った。
他の二人の子供には、一緒に外で遊ばせるか、または、車の中で軽食を
とらせたり、遊ばせたりすればいいと思っていたが、
気温がマイナスの、夕暮れ時、結果的には、40分くらい、外で
遊んでいた。

外遊びをさせにくいこの季節、男の子二人を遊ばせることも出来たし、
シクランのトレーニングの様子も少し覗き見する事も出来たし、
他の参加メンバーの服装や、雰囲気をチェックすることも出来たので、
パルメは母親として、とても良い時間を過ごせた。

帰宅後は、暖かいスープを作り、パンとチーズやサラミなどで簡単な

夕食。手抜きの夕食だけれど、仕方がない。そういうのもあり。
カクタ君もいないことだし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹が立つ出来事

5週間くらい前に、聴覚テストのための予約を入れた。
精密検査だから、総合病院で行われる。
先日4才になったルックのためのこと。

そして、当日の今日、他の二人の子供を義母に預け、
ルックと出かけてみると、なんと担当部署の電気が半分しか
灯っていなく、しかも、人気がない。

内部に入るドアも、主要のものは閉まっている。おかしい。

その後30分近くあっちに行ったりこっちに行ったりし、電話した
後分かったことは、担当医に手術の予定が入り、全ての今日の
予定をキャンセルしたとのこと。ここ1週間の話だそうだ。
パルメだけに連絡が届かなかったらしいが、専業主婦のパルメ、
基本的には家にいる。電話で不在だったら、また連絡するはず。
しかも、帰宅後着信記録を調べてみると、病院の電話番号は
見つからない。

予定を色々調整して、他の二人を義母に預けたりしたこともあり、
また、結果的に、今日は特別込み入ったスケジュールとなったため、
精神的なストレスも、実は大きなものだっただけに、
腹が煮えくり返って仕方がない。

午後の予定の一つに、ピアノの連弾があった。相手の年金者は
酒好きなので(笑)、「今日は腹が立つ事があったので、酒でも
飲まなきゃやってられない、一緒にもちろん飲んでくれるよね」
と誘ったが、予想を反し、車に乗らないといけないから、今日は
飲めない、とのこと…(苦笑)

こんなに腹が立つのは、本当久しぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

自家製ラーメンを作ったよ

自家製手打ちうどんに続き、自家製ラーメンを、先日つくった。
豚骨スープは、3kgのげんこつを使うかわりに、500gの豚のかんせつ、
足先などの骨を使い、8時間煮込む代わりに、4時間煮込んだ。
豚骨スープは、蓋を開けたまま煮込むので、仕上がったスープは
そんなにたくさんにはならなかった。
それと割って使うための、鶏ガラスープは、我が家のこだわりの
鶏料理をする際、いつも作る鶏ガラスープを、猫ように味つけなしで
冷凍保存していたものを失敬した。
それに加え、醤油だれもどきを作った。

麺は、かんすいの代わりに、重曹を使った。黄色がかった麺は、先日
ミュンヘンで食べた手打ちラーメンのように、期待はずれのものではあったが、
それでも、子供は喜んで、スープのお変わりをしてくれたし、また作ってね、
とお願いしてくれた。ということは、成功…。でも、ちょっとがっかりの味。
懲りずに、次回、もっと本格的に作ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女シクランとスポーツ

シクランは、なんでも上手にやってこなす。
弱点はたくさんある子だが、色々なことで才能を発揮している。

ピアノ、ギター、ユーフォニアムと音楽もなかなかのものだが、
スポーツに至っては、ロッククライミング、トランポリン、マラソン、
水泳と色々頑張っている。半分日本人だから、と思ってやらせた
空手は、残念ながら面白くなく、黄色帯で辞めてしまった…。

トランポリンは、先週から、サルトとよばれるジャンプして
一回転する技を、補助無しでできるようになった。
水泳は、水嫌いだったのが嘘のように、先日学校の授業で
200mを泳いで来たかと思えば、友達家族と行ったときには、
なんと、400mも泳いだ、という。
5月中旬には、人生初めてのミニマラソンに挑戦する、として、
そのトレーニングに先日初参加。みぞれが降る中、8週間に
わたるトレーニングの初日だった。

引っ込み思案で、1人では何も出来ないタイプ、幼稚園の初日から
母親泣かせの子供だったが、義務より1年早く小学校に入学させた
後、たくさんの良い友達に恵まれ、色々な経験を積み、たくましく
育っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

ピアノのレッスン、それぞれ

先日体験レッスンをしたレオは、美男美女の息子で、
こちらも美男子。(眉毛がつながっているのを除いては…)

30分のレッスンを無事に終えて、ジャンパーを着、
こちらを振り返って、パルメの名前をいいながら、両手を広げて来た。
そして、
お別れの挨拶に、抱きついて来てくれた。

ドイツでは、挨拶に握手してくるタイプや、抱きつくタイプもいる。
もちろん言葉だけで挨拶をする人も…。
抱きつくタイプは、大概相手を見て、外国人のパルメには
様子をうかがうから、あまり抱きつく挨拶はしたことがない。
親しい友達などを別として…。

9才の男の子に、抱きつかれてちょっとびっくり、ある意味
カルチャーショックを受けるパルメ…。(悪い意味ではないが…、笑)

その後は、1年生のソフィアの体験レッスン。
よくしゃべる子で、反応してくるので、面白いが、じゃまくさい(笑)。

1小節目は、ソフィアのお部屋、2小節目はママのお部屋、
3小節目はパパのお部屋で、それぞれには、りんごが3個ずつ
入るんだよ…と説明すると、

「やったー、りんご、美味しい!」と、りんごという言葉が出るたびに
反応し、2小節目と3小節目に、ママとパパが別々の部屋をもらうと、
「でも、ママとパパは、一つの部屋で寝ているよ」とのコメント。

ま、面白いから、いいか。

つっこみ、突っ込まれて、楽しいレッスン。
ソフィアは、しゃべるだけでなく、頭の回転も速そうで、言われる前に
自分が想像して、手が出るタイプのよう。でも、右手と左手も
よく分かっていないから、かわいいものだ。

しっかり準備していたので、我ながらいい体験レッスンになったと
満足。復習もしっかりした。パルメにとっても、とっても良い勉強に
なったレッスンだった。

そして、その二日後の今日は、タティアナの体験レッスン。
こちらは、リコーダー体験者で、少しは楽譜を見た事がある子。
ソフィアと違って、大人しく、返事はするが、必要以上には、あまり
しゃべらない。
でも、我が子シクランの極端に恥ずかしがり屋とは違い、会話が
成り立つから、問題無し。相手の言葉が少ない分、理解具合を探るのに、
コツがいりそうだけれども…。
唯一の問題といえば、猫アレルギーがある、ということ。

今の所、レオも、ソフィアも、その後喜んで積極的に練習しているという。
タティアナのお母さんにも、幼稚園の送り迎えで時々出会うから、そのうち
反応が聞こえるはず。どうかな。

ここしばらく、ピアノのレッスンは、先生と生徒の相性が大切だと
思うようになったのだが、パルメサイドから見ると、全員◎。
向こうからは、どう見てもらえているかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

いきなり本当にピアノの先生

パルメが細々と教えようと思っているピアノ。
唯一の生徒でちょっと物足りず、生徒二人は欲しいな、と思っていました。

先日、体験レッスンをしたレオは、来週から二人目の生徒と
めでたくなりました。

もう1人、期待していた1年生の女の子タティアナも、今日
お母さんが電話をくれ、体験レッスンをすることになりました。
よほどのことがない限り、この子も、3人目の生徒になると
思います。

タティアナの友達で、うちの近所の女の子ソフォアも1年生です。
二人とも、パルメは数年前から知っていたのですが、そのソフィアの
お母さんとも、パルメは偶然夕方出会って話していました。

そしたら、なんと、ピアノ教えているの?それなら、うちの子も
体験レッスンをしたい!とのこと。実は、先生を探していたそう。

ということで、うまくいけば、生徒が1人から、いきなり4人になる…。
嬉しいけれど、そこまでたくさんやるつもりはなかったから
ちょっとびっくり。

新しい3人は、とりあえず、30分レッスンで受けるつもり。
生徒が欲しくてほしくてたまらないときは、生徒は来ないだろうし、
来たもの拒まず…とりあえず、頑張ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

トントンとサッカー

朝は−3℃だが、日中は春の陽気。
太陽があれば、そろそろ薄手のジャンパーで大丈夫になってきた。

今日もそんないい天気の中、どうやって子供を外で遊ばせようかと思う。
パルメがちょっと外へ出るついでに、トントンとルックを外に連れ出し、
ボール遊びをすることとなった。

普段はボールに見向きもしないトントン。周りの友達がサッカー熱を
上げて行く中、このままでは、友達との外遊びに支障が生じると
心配するパルメ。

パルメがルックを補う形で、トントン VS ルックのサッカー。

意外や意外、くいついて楽しく遊んだのは、今日はトントンでした。
どうやら楽しかったらしく、今後毎日でもサッカーをしたいくらいの
勢い。

夕食の支度をなおざりにして、子供に付き合ったかいがあった。
でも、明日もあさっても…と相手をしないといけなくなったらどうしよう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験レッスン

ピアノの先生として、既に1年と5か月が経ちました。
今までは、唯一の生徒と長女シクランが相手だったのですが、
ちょっと前から、生徒としての候補者が、実は二人居て、
期待せずに待っていたのです。

1人は、1年生の女の子。まだ楽器経験はなし。ピアノは、
現在電子ピアノ購入の方向で準備中。こちらは、ここ、1〜2ヶ月
中に開始かと、連絡待ち。

もう1人は、近所に住む3年生の男の子。
シクランと幼稚園のグループが一緒でした。
経験は2年くらいかな。気に入っていた先生が引っ越しを理由に
止めてしまい、次の先生は合わなかったみたい。

この、男の子の方が、一時的に忙しくて、様子を見て体験レッスン
を受けたい、とのことだったのですが、今日急に電話があり、
30分のレッスンをしました。

素直で一生懸命の子ですが、ドイツ人らしく、拍が取れないタイプ。
でも、自分から一生懸命しゃべって、私の言葉に反応してくれるから
私はやりやすい。
教えたら教えた分、上手になってくれそう。

向こうも、シクランのママ、ということで、パルメのことを知っているから
やり易いみたいだし、近所だから、送迎なしで1人で通える。

ちょっとうまくいくかもしれない、と希望が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »