« 宗教 | トップページ | うまくいってる? »

2013年5月 7日 (火)

新顔マーヴィンと居なくなったスーキーと…

隣人の猫は、メスのスーキーとオスのリコーだった。
「だった…」

隣人は、車いすの人を搬送したりするための運転手。
ある患者が、病院に入院するというので、飼い猫(オス)
のマーヴィンを預かった。
というか、その患者は、入院したはいいが、退院できるか
分からない老人だそうだ。
つまり、マーヴィンは、もらわれてきたと同然。

そのマーヴィンは、去勢されたオス猫で、家の外に出た事
がない猫だったそうだが、隣人宅へ来て3日目から、
自由に外に出ることが出来る環境になった。

とってもおっかなびっくり、用心深く、庭先だけをときどき
楽しんでいる。我が家に偵察にも来たりもしたが、子供に
慣れていないので、なかなか寄り付かない。

一方メス猫のスーキーは、新顔マーヴィンとは、別に
悪い関係になかったようだが、その数日後から急に姿を
消した。

スーキーは、毎日のように朝から夜遅くまで、外の空気を
楽しむ猫だった。日中家でくつろぐが、早朝、夜中、とにかく
外にいたが、2日以上見かけなかったことはない。出産の
ときを除いては…。

が、4月9日頃を最後に急に姿を消した。何か不幸が
あったのだろうか…。

去勢されないままのオス猫リコーは、本能のままに生きている。
何週間もみかけないかと思ったら、急に戻って来たりの繰り返し。

隣人は、去勢手術をさせるつもりはあったが、お金がないことを
理由に、そして、不在であることを理由に、未だに去勢せず。

ここ数日、リコーは在宅。というか、我が家のベランダに寝泊まり
している感がある。本能のままに生きるリコー、トイレ周りの始末
が、そのせいかだらしなく、トイレ以外のところに、恐ろしい悪臭の
ものを残して行くことが何度かあったので、我が家への立ち入りは
基本的に禁止となっている。

我が家の二匹の猫達は相変わらず。ときどきマルリーノが息子
クローノを煙たがることもあるが、お互い毛繕いをし合ったりと
仲良しであることもある。この2匹は、現在平穏です。

我が家の初代の猫、ツェブリのお墓には、今年もチューリップが
咲きました。たくさん植えたはずの球根でしたが、3本くらいしか
育っていなかったみたいです。でも、大きなどんぐりの木の下、
緑の葉が生い茂る季節にはその下には、植物は育ちません。
チューリップは、春を告げる花の一つ。まだ、落葉樹が寂しい
その季節に…。来年は、もっと花が咲くといいな。

|

« 宗教 | トップページ | うまくいってる? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/51525474

この記事へのトラックバック一覧です: 新顔マーヴィンと居なくなったスーキーと…:

« 宗教 | トップページ | うまくいってる? »