« ニワトコジュースを作った | トップページ | シクランが作るケーキ、夫婦の考え方の違い »

2013年8月31日 (土)

トンボの命

弱ったトンボがいた。きっとマルリーノが捕まえて来たのだと思う。
シクランが、まだ生きている!と、ベランダのプランターのゼラニウムの
葉っぱに、そのトンボを乗せてあげた。

直射日光を避けるために、葉っぱの「日傘」を与え、口元に水を何度か
たらしてあげた。すると、口をなめるかのような仕草。しっぽが血の流れ
により、膨張したり、収縮したりするのが、かすかに見える…。
これなら、大丈夫。ゆっくり休養させてあげよう…。

シクランは、図鑑を調べ、トンボは虫を食べることを知る。
すぐに、電動式ハエたたきを手にし、ハエを一匹しとめ、
「お昼ご飯よ!」とトンボにあげようとするので、パルメが手伝って、
葉っぱのお皿にのせて、口元へ運んでみた。

…無反応!

バラの花につくような、小さな虫とか、そういうのがいいんじゃないかな、
と思うが、適当な虫が見つからないので、そのまま様子を見ることにした。

途中、もう一度水を頭もとに垂らすと、また反応した。前足も動いた。

何度も、様子を見てあげた。腹部の呼吸による動きもチェック。
太陽の位置が変わってきたので、ズッキーニに大きい葉っぱを「日傘」
にした。

…が、夕方、時々エビのようにしっぽをお腹方向に丸め込んだりする
動きもみられず、まっすぐ伸びきっていて、呼吸による動きが、確認されなかった。
休養すれば、夕方にでも、飛べるようになるのかな、と思っていたのに。
見た目は、特に傷ついていなかったのに…。

ささやかな期待をしたのに、助けてあげられなかった。
どうしてあげるのがいいかもわからないけど、なんとか、助けてあげたかった。

|

« ニワトコジュースを作った | トップページ | シクランが作るケーキ、夫婦の考え方の違い »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/53091501

この記事へのトラックバック一覧です: トンボの命:

« ニワトコジュースを作った | トップページ | シクランが作るケーキ、夫婦の考え方の違い »