« ブログに登場する猫達 | トップページ | ルック、3度目の聴覚検査 »

2013年9月 5日 (木)

シクランとケーキ

8才のシクランが、またケーキを焼きました。
今度もレシピは、パルメが用意しましたが、材料や道具を揃えたり、
片付けたりすることは、自分で出来ることは、なるべくさせました。

ドイツでは、ケーキを焼く事は日常茶飯事。
もちろん焼かないお母さん達もいるけれど。

今回は、アリさんのケーキ。
それは、普通に卵とバターとお砂糖と小麦粉を基本としたものですが、
中にチョコレートの小さな粒がぎっしりつまっているケーキです。
仕上がりは、普通の卵のスポンジ色と同じ分量くらい、しっかりチョコレート
の粒が混じり込んでいるもの。
いくつかあるレシピの中で、扱いやすい材料や分量のものを選びました。

今回も上手に出来ました。今回は、バターとお砂糖に、卵を加えた時の
分離を体験。ケーキ作りで、大切なポイントなど、私の知っている範囲で
教えてあげたいと思います。
とはいえ、パルメも、上手じゃなくって、時々失敗するけれど、失敗するから
こそ、大切なことが見えて来るわけで…。でも、こればかりは、体験しないと
想像もつかないことで…。
パルメがケーキを焼かないでも、シクランが焼いてくれれば、嫌でも
付き合わされる事になり、一緒に学習できるから、素敵だと思う。
そして、シクランも、もう、2年もすれば、体も大きくなり、状況判断も
上手になり、我が家の台所事情にも、精通していって、きっと、1人で
ケーキを焼いてくれるようになると思う。

いや、現実はどうかな。いつも、片付けもさせられるから、面倒くさくなるかな。
今は夏休みで時間があるけれど、また、新学期が始まったら、ケーキを
焼く暇もなく、「遊び」に忙しくなるかもしれない。

|

« ブログに登場する猫達 | トップページ | ルック、3度目の聴覚検査 »

子供」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/53151146

この記事へのトラックバック一覧です: シクランとケーキ:

« ブログに登場する猫達 | トップページ | ルック、3度目の聴覚検査 »