« 80歳の誕生日祝い | トップページ | 6月以来、初めてのトランペットのレッスン »

2013年9月16日 (月)

連弾でまた新しい曲を弾く事に

かれこれ、1年9か月目になる、連弾。
その相手は、近所に住むおじいさんで、カクタ君の職場(高速道路関連)を
退職した人であり、日曜大工として、家具を作ること、日本食を作って食べる
ことが好きな人。長年一緒に連弾をしていた人がアル中になってしまったのを
きっかけに、私と連弾をすることになったのが始まり。アルベルトという人です。

このアルベルトは、パルメ以外にも連弾をする相手はいるのですが、多分
パルメが一番誠実なパートナーなんだと思います。昔弾いていた思い出の曲を
引っ張りだして来ては、これをやろう、あれをやろうと、誘ってきます。まだ、
一つ目の曲もろくに弾けないのに…というのが度重なり、レパートリーは増える
ものの、どれも、イマイチ(笑)。

でも、このアルベルトのおかげで、パルメは連弾の魅力をたくさんおしえてもらい
また、色々な素敵な曲に出会う事ができます。

バッハ、シューマン、モスコフスキィ、ドボラックなど、色々な曲を弾くのですが、
なんと、この金曜日に、新しい課題曲が出ました(笑)。夏休みの関係で、4週間
振りくらいに一緒に弾いたときの事です。

そして、その曲は、リズムを取るのがとっても難しく、パルメが実際にピアノに
向かう前に、譜読みをしようとして、30分以上手で拍を取りながら歌ってみたり
しました。まず高い方の旋律を見て、その後、自分が担当する低い方の旋律を
見て、それぞれのリズムを確認してみたりして。あまりに難しすぎるリズムだった
のです。

大概の曲は、ある程度初見で弾けるのですが、この曲は、さすがにすぐにピアノに
向かうことが出来ませんでした。
こんなに難しいリズムの曲は、パルメの人生で、一度も出会ったことがない。
リズムが分かれば、弾けるのです。そういう曲は、初めて。でも、低音のパート
だけでも聞かせる、とっても素敵なバッハの曲でした。

|

« 80歳の誕生日祝い | トップページ | 6月以来、初めてのトランペットのレッスン »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/53273868

この記事へのトラックバック一覧です: 連弾でまた新しい曲を弾く事に:

« 80歳の誕生日祝い | トップページ | 6月以来、初めてのトランペットのレッスン »