« トントンが音楽に挑戦 | トップページ | 頑固なルック »

2013年11月13日 (水)

トントンが一年生になって、もうすぐ2か月

天才肌、デキスギ君タイプのシクランは、一年早めて
入学させたのにも関わらず、相変わらずの優等生。
宿題も自分でこなし、スポーツも、ほぼ2才年上のクラスメートも
たくさんいるのに、なんの障害もなく、やってのける。
なんと、今は小学4年生。ドイツでは、立派な受験生だ。

一方、トントンは、普通の男の子。シクランと比較しない前提では
あるものの、4年間小学校に通った後は、進学校に入れることを望む。

さて、友達ともうまくいき、先生にも恵まれ、いいスタートを切ったかの
ように思われるトントン。
算数は好きなようだ。
でも、本読みが大嫌い。まだ、何も読めない。本当に読むセンスがない。

家で、寝る前に特訓を始めたパルメ。手を変え品を変え、インターネット
からダウンロードして印刷した教材に落ち着いた。

でも、これはやり過ぎかもしれない。トントンには、ストレスかもしれない。
勉強嫌いになっては困る。逆に苦手意識を出しても困る。…ということで、
担任の先生に、個人懇談をしてもらった。

アドバイスをもらった。担任の先生は、以外とトントンの性格をちゃんと
読んでいた。あの子なら大丈夫。出来なければ悔しくて、頑張れるタイプ。
そう、ちゃんと見ていてくれた。

その翌日の宿題に、パルメとの懇談からヒントを得ただろう宿題が出た。
一つの教材を、1週間、続けて読む、というもの。繰り返しが大切。いつも
いつも、新しいものをするな、とのことだった。
A4サイズの用紙に、書かれたものを読んだら、読んだ曜日のところに
チェックをするというものだった。

算数の得意意識、好き、という気持ちを伸ばすためには、日本の
「足し算カード」が威力を発揮しています。寝る前にちょっとだけさせる…。
計算が素早く出来るようになってくれるかな。

1年生で3〜4年生の算数も一部こなしていたシクランとは違うけど、
一生懸命になる、トントン、頑張る、トントン、とっても大好き。

|

« トントンが音楽に挑戦 | トップページ | 頑固なルック »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/53918952

この記事へのトラックバック一覧です: トントンが一年生になって、もうすぐ2か月:

« トントンが音楽に挑戦 | トップページ | 頑固なルック »