« ルックの指の数 | トップページ | クリスマス前ストレス »

2013年12月18日 (水)

雪の結晶

ここ最近、気温は0度前後。
先日月曜日は、朝9時から11時まで、ガイドの仕事があった。
早朝は、−2度。霧雨が最初ずっと降っていたから、普段でも、こういう
のときは、落葉樹や芝生の上、車の上、などなど色々真っ白に霜が
降りているものだけど、この日は特別。
霜の層が、半端でなく、分厚く、とってもとっても素敵だった。
霜や、きれいすぎる雪の結晶は、めずらしくないが、本当特別ふとっぱら。

お昼に太陽がガンガンあたり、太陽に面した部分の霜が解け、
道路を濡らし、またこの気温だから、今度は道路がツルツルに
なる。危ない…。まさに、その美(び)から危の変化を見た。

残念ながら、カメラを持参していなかったけど、ちょっと得した気分の
ドイツの冬の風景。

|

« ルックの指の数 | トップページ | クリスマス前ストレス »

ドイツという国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/54296860

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の結晶:

« ルックの指の数 | トップページ | クリスマス前ストレス »