« やっと飾り付け | トップページ | ルックの指の数 »

2013年12月 8日 (日)

愛情の保険

長女シクランは、眼鏡をかけている。眼鏡を購入する際に、
3年間契約で、レンズの度が変わったり、顔が大きくなって
フレームを新しくしたりすることも、その保険でカバーされている。

トントンが、シクランの眼鏡にぶつかって、またフレームが
少しゆがんでしまった。その際、眼鏡の保険の話が出た。

それをきっかけに、トントンが言ったこと :
『トントンとパルメの愛情にも、保険がある…。』

仮に愛情が壊れても、保険が利くんだそうだ。
素敵!

それに加え、トントンの新しい愛情表現。
ドイツ語でもよく知られている、イッヒ・リーベ・ディッヒは、
子供が親にも言う表現だけれども、そこに付け加えて、
「誤って」、「意図しないけれども…」というような表現を付け加えて来る。

本当は、別に大好きでなくてもいいんだけど、大好きになっちゃってる!
みたいなニュアンス。

それはそれで、かわいい6才の男の子、トントン。


|

« やっと飾り付け | トップページ | ルックの指の数 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/54184770

この記事へのトラックバック一覧です: 愛情の保険:

« やっと飾り付け | トップページ | ルックの指の数 »