« 皮肉な雪 | トップページ | 配管工事 »

2014年1月26日 (日)

誕生日ケーキ

昨年夏のパルメの誕生日には、シクランが、チョコレートケーキを焼いてくれた。
とても素敵に飾り付けもあった。

昨年12月のシクランの誕生日にも、同じレシピでパルメがチョコレートケーキを
焼いた。シクランが、それをリクエストしたから。
そして、シクランの友達のうち2人、チョコレートケーキが嫌いな子がいたが、
その子達も、そのケーキを美味しいと言ってくれた。

ココアを使うレシピが多い中、チョコレートをたくさん、生地に200g、コーティング
に100gも使う贅沢なレシピだ。

そして、トントンも、同じケーキを注文したので、パルメが誕生会前日にそれを
焼き、シクランが、トントンの希望によりデコレーションした。子供目線での
飾り付けは、大人よりも派手に、甘くし上がるからだ。

それを見たルックは、自分も飾り付けがしたいとぐずっていた。

トントンの誕生会は、誕生日の前日。本当の誕生日にも予期せぬケーキがあったら
嬉しいだろうな、ということで、ケーキを焼くことにした。
はて、どんなケーキを焼こうか。

考えると、レモンの味が好きで、砂糖のコーティングのケーキは、レモン汁を
たくさん混ぜるので、喜んでいたことを思い出した。そうだ、レモンのケーキだ!

とはいえ、たっぷり残ったチョコレートケーキ。
誕生会当日の夜は、別件でパソコン前に座り込んでいたパルメ、結局ケーキを
作るタイミングを逃す。
夜中1時、それでも、ケーキを作ろうと思い、準備を始めたそのとたん、
トントンが目を覚まし、成長痛に苦しんでいたので、脚をさすってあげたりした。
トントンの相手が終わった後は、ルックも一瞬目を覚まし、結局添い寝をして
朝5時半まで眠った後、パルメは、レモンケーキを焼いた。

さて、午前中の間に、トントンに内緒で、ルックにデコレーションをさせ、
トントンをびっくりさせてやろう、と企むパルメでした。

今、トントンは起きてきた…。

|

« 皮肉な雪 | トップページ | 配管工事 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/54752005

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日ケーキ:

« 皮肉な雪 | トップページ | 配管工事 »