« 今年最初のトランペットのレッスン | トップページ | 手打ちうどん »

2014年1月15日 (水)

ナポレオンとレーゲンスブルク

観光ガイドを仕事としてから、もう2年半になりますが、
まだまだ分からないことはたくさんで、勉強しないといけないと
いつも思っています。

レーゲンスブルクには、有名人の名前が登場する場所がいくつか
ありますが、ナポレオンもその一人。でも、具体的なことはあまり
知らず、1809年に、ここを壊して行った、そのときの相手は
オーストリアだった、くらいにしか知らなかった。

世界史は学生時代に勉強しましたが、得意でないどころか、
苦手意識が強かったパルメ。でも、ガイドの勉強を始めた頃から、
関連性を追って行けば面白いことには気付いていた。

ちょっと時間があったので、パソコンに向かって、ナポレオンと
レーゲンスブルク、について、勉強しようと思いました。
すると、とっても面白い事実がたくさん。レーゲンスブルクの有名な
石橋をどうやってスムーズにわたるかを悩んだり、情勢が悪くなって
焦り始めたとき、片足を負傷したり、その指令本部がカール・フォン・
ダールベルクの住む宮殿だったり…。
この辺りは、ドイツ語の資料が読めれば、たくさん情報が見つかる
ことが分かった。知らないドイツ語の単語もたくさんだったので、
調べながら時間をかけてじっくり勉強した。でも、1809年4月23日の
何時頃…という細かい情報まで、現在にも伝わっているのには、驚いた。

それにしても、面白い。
受験勉強としてではなく、自分の興味に沿っての勉強というものは、
本当に面白いと思った。

まだ、もう少しこのテーマで追求した後は、十字軍。といっても、この
レーゲンスブルクの石橋を通った第2回と第3回に絞って、また、そこに
的を絞ってちょっと勉強したい。

|

« 今年最初のトランペットのレッスン | トップページ | 手打ちうどん »

ドイツという国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/54612234

この記事へのトラックバック一覧です: ナポレオンとレーゲンスブルク:

« 今年最初のトランペットのレッスン | トップページ | 手打ちうどん »