« 日本についての発表 | トップページ | トランペット25年ぶりに実現 »

2014年2月28日 (金)

パルメとトランペット

あのいい先生ノーベルとに出会ってから、もう1年半。
やっといい音が時々出るようになって来た。
多分、高校時代に憧れていた、トランペットの上手な人達の音だと思う。
でも、いつも出る訳ではない。
出る時は、出る、出ないときは出ない。
でも、それに気付く自分。
口元があるべき姿でない、と気付く自分。
息が口のサイドから漏れてしまったりすることも多い。
やっと本格的に、良くなろうと変化している状態なのだと思う。

別に、トランペットを習ったってどうにもならない。
どこかで吹くということでもない。
せっかく上手になっても、そのうち、入れ歯で思うように吹けなく
なるのかもしれない。

お金もかかるし、練習時間も確保しなければならない。
唯一言えるのは、この趣味は、ゴミが出ないのが利点。
でも、パルメが死ねば、何も残らないのが欠点。(楽器はあるけど
技術的な成果は…)

でも、趣味っていうのは、そういうものが多い、とカクタ君は言って、
トランペットのレッスンを認めてくれる。ありがたい事だ。

そして、相変わらず、先生のノーベルトは、パルメにいつもいい刺激を与え
てくれるし、きれいな音が出ることの喜びは、大きい。

少しでも早く上手になって、基本ばかりでなく、かっこいいジャズを習いたい。
それには、あと何年かかるのかなあ。

|

« 日本についての発表 | トップページ | トランペット25年ぶりに実現 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/55173841

この記事へのトラックバック一覧です: パルメとトランペット:

« 日本についての発表 | トップページ | トランペット25年ぶりに実現 »