« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月 8日 (火)

小さな庭だが

パルメ達が住んでいるのは、4軒続きの長屋。
隣は、猫と騒音問題でお馴染みの一家。
反対のお隣は、89歳の一人暮らしのおじいさんだった。
でも、このおじいさんは、実は2〜3か月程前に亡くなった。

長屋は、東西に長く建ち、南側に正方形に近い庭(道路側)と、
北側にそれよりちょっと広い庭(玄関側)がある。

日当りの良い南側の庭が小さいのは本当に残念。どうしてもっと
北よりに家を建てなかったのだろう…。

我が家の南の庭は、過去2年大きな穴があった。トントンの
工事現場だった。大きなもみの木がクリスマス前まであった。
でも、今は更地になり、やっと芝生の種が芽を出し始めた。

おじいさんが亡くなった家は、実は我が家が買い取っている。
昨年契約をし、おじいさんが住む権利をもっていた。
死ぬまでか、老人ホームに行くまでか…、いつまでかは分からないが
まだまだおじいさんが住んでいてもいい。でも、亡くなってしまった。

パルメは、そのおじいさんの北側の庭に、木イチゴとりんごを植えた。
木イチゴは、カクタ君に、2mの棒を4本立ててもらい、間に3列の
ステンレス製ロープを張ってもらった。ルックが大好きな木イチゴを
たくさん育てるために、昨年から少しずつ苗を買い、また我が家に
数年前からあった苗も一部移動した。隙間には、ワイルドストロベリーを
敷き詰めた。

りんごの木は、ジョナゴールドとそれに受粉するための種類の2本。
小さな庭に、本当はちょっと窮屈だが、実のなる庭がパルメの夢。
ジョナゴールドは、もう購入して3年目かな。やっと地植えをしたが、
今年は、もう花がついている。たくさん赤いつぼみが…。
もう1本のりんごは、1か月程前に買ったばかりだが、枝がしっかりしている。

りんごを植えるためには、トントンが穴を掘ってくれた。大きな穴2個。
シクランも協力してくれた。

他に、夏のために球根を植えたり、少しずつだけど、庭作りを頑張っている。
昨日まで天気が良く、温かい日が続いたが、今日からしばらくは雨の予報。
昨日も春の花の球根などを移植したりしたので、しっかり雨に降られて
脚をしっかり新しい土地に伸ばして欲しい…。

生まれて初めて、自分で計画して夢を描く庭が、少しづつ出来て行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

トランペットのレッスン

練習不足だけど、調子良い状態で受けたトランペットのレッスン。
ここ1か月くらい、調子が良く、パルメ自身はご満足。
それはヘタクソな部分もたくさんたくさんあるけど、今までと何かが
違う。レッスンの度に、新たに小さなテクニックを教えてもらう。

今までは、マウスピース(口を当てる部分)の位置を替えることばかり
言われていた。言われることは分かるけど、なかなかそれが出来ず、
あるとき、極端すぎるくらいにやってみよう、と決心してから
全てがみるみる良くなって来た。

そして、この最大の難関を越えた今、先生は、もっと色々な、そして
毎回新しいテクニックを教えてくれる。やっと、いい生徒として
相手をしてもらえているような気がする。
嬉しくてたまらない。

本当にいい先生に出会ったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トントンの友達がお泊まりに来た

7歳のトントンの大親友は、クイリーン。
2週間前に、トントンがクイリーンの家にお泊まりをしたが、
今日はクイリーンが我が家に泊まる。

クイリーンは、二人兄弟のお兄ちゃん。トントンより4か月
お兄ちゃんだが、初めてお泊まりに行ったことになるらしい。
幼稚園でのお泊まり会イベントも、旅行か何かのために
参加出来なかったそうだ。

シクランやルックも一緒に楽しんでいたが、夜8時半になると、
もう邪魔をしないように抑制した。トントンがクイリーンを
独り占めにしたいだろうと思ったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

オーマの家に幼稚園児27人と4人の先生がやってきた

オーマとは、おばあちゃんのこと。
パルメの義母の家は、森の隣の大きな庭のある一軒家。
子供にとって素敵な庭がある。

カクタ君と子供の手作りの木造高床式の小屋には、おもちゃの
ハンドルが付いている。

砂場もある。

大きなどんぐりの木がある。幹は、大人二人が手をつないで
やっと取り囲める大きさ。そこには、アルプスの少女ハイジのイメージ
のブランコと、太い綱がぶら下がっている。なので、二人が同時に
ブランコできる。

トランポリンもある。ドイツの庭には当たり前のようなものだが、
特別大きいトランポリン。

今の季節は春の野花が芝生の間を埋めつくしている。

これで、2回目の幼稚園児訪問が、昨日開催された。
勿論年取ったオーマ一人ではなく、パルメ達夫婦も協力をした。

もうすぐイースターなので、色とりどりのゆで卵を庭に隠し、
それを見付けたら子供達が持って帰れるようにした。
そのために、40個以上のゆで卵を用意した。

良い天気にも恵まれ、子供達は思い切り遊んだ。幼稚園から
歩いて片道30分程度なので、ちょっと遠いが、きっととっても
楽しかったと思う。前回来た事のある子供は、まだ、その時の
ことを良く覚えていたようだ。

疲れたが、万事終了。
パルメも満足。こんな素敵な催し事を引き受けてくれるオーマに
大感謝。ありがとう。

来年度は、我が家の末っ子が年長さんになるから、あと一回
こんな行事が出来るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなかった

このブログを見てくれている人がいる。
今まで、コメントももらえないし、と思っていたのに、このブログを検索
してみたら、お友達や、知らない人からのコメントがたくさん並ぶページ
が出て来た。
コメントをせっかくかいてもらっても、何も反応をしていないことになる。
今後、気をつけよう。

パルメに興味持ってくれた人、レーゲンスブルクに興味がある人、
ごめんなさい。

本当は、パルメは喜んでメールに返事を書くのに。
知らない人だって、何だって、大歓迎なのに…。
この、今日のブログを見たら、またメールくださいね。
直接、パルメのアドレスにメールくれてもいいですよ。
mika.jordan@gmx.de

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »