« 知らなかった | トップページ | トントンの友達がお泊まりに来た »

2014年4月 2日 (水)

オーマの家に幼稚園児27人と4人の先生がやってきた

オーマとは、おばあちゃんのこと。
パルメの義母の家は、森の隣の大きな庭のある一軒家。
子供にとって素敵な庭がある。

カクタ君と子供の手作りの木造高床式の小屋には、おもちゃの
ハンドルが付いている。

砂場もある。

大きなどんぐりの木がある。幹は、大人二人が手をつないで
やっと取り囲める大きさ。そこには、アルプスの少女ハイジのイメージ
のブランコと、太い綱がぶら下がっている。なので、二人が同時に
ブランコできる。

トランポリンもある。ドイツの庭には当たり前のようなものだが、
特別大きいトランポリン。

今の季節は春の野花が芝生の間を埋めつくしている。

これで、2回目の幼稚園児訪問が、昨日開催された。
勿論年取ったオーマ一人ではなく、パルメ達夫婦も協力をした。

もうすぐイースターなので、色とりどりのゆで卵を庭に隠し、
それを見付けたら子供達が持って帰れるようにした。
そのために、40個以上のゆで卵を用意した。

良い天気にも恵まれ、子供達は思い切り遊んだ。幼稚園から
歩いて片道30分程度なので、ちょっと遠いが、きっととっても
楽しかったと思う。前回来た事のある子供は、まだ、その時の
ことを良く覚えていたようだ。

疲れたが、万事終了。
パルメも満足。こんな素敵な催し事を引き受けてくれるオーマに
大感謝。ありがとう。

来年度は、我が家の末っ子が年長さんになるから、あと一回
こんな行事が出来るかな。

|

« 知らなかった | トップページ | トントンの友達がお泊まりに来た »

学校/幼稚園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/55615744

この記事へのトラックバック一覧です: オーマの家に幼稚園児27人と4人の先生がやってきた:

« 知らなかった | トップページ | トントンの友達がお泊まりに来た »