« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月 9日 (金)

悪い事に楽しかった

6月に開催される、吹奏楽関連のイベントに、トランペットが足りないということで、お声が
かかった。短い期間の練習なら…と思って、練習に参加したら、やっぱり楽しい。

毎週木曜日の夜の練習なので、カクタ君が帰宅したら出掛ける…というような
タイミング。家族に迷惑がかかるので、子供が大きくなるまでは…と思っていた。

レベルは、日本の吹奏楽のイメージとは比較にもならず、ヘタクソな大人と、
それより上手なティーンエイジャーとから構成されている。

トランペットのレッスンを受けるようになって、もう2年近くになるが、唇の持久力
がないので、せっかく与えられたファーストトランペットの楽譜は無理。
憧れのファーストだけど、低い音がたくさんあるセカンドやサードに変更してもらう。

でも、初見でも、楽譜が読めることと、リズムが一般のドイツ人よりは遥かに
正確に読める事が助けてくれ、他の人に迷惑をかけずに、楽しく吹く事が
出来る。中高の吹奏楽部時代の楽しい部分がよみがえる。やっぱり合奏は楽しい。

練習に参加したら、楽しくて辞められなくなってしまいそう、と心配していた通り。
案の定、楽しかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

シクランの進路

長女シクランは、9才にして、小学校を卒業する。
ドイツの小学校は4年制で、その後進路が別れる。
小柄のシクランは、4年生なのに、同じ小学校には、シクランよりも大きな
1年生もいる、という皮肉な状況(笑)。

我が家から小学校までは、1キロ程の道のりで、その途中に、1年半前にギムナジウム
が建った。我が家からは500メートルという位置。先日、学校の成績が出るのを待って、
早速ギムナジウムに入学申し込みをしてきた。

シクランのクラスは、成績が非常に良いらしく、結果的には、たくさんの子どもが
ギムナジウムに行くらしい。しかも、その中の数人がレーゲンスブルクのギムナジウム
に行く他は、皆同じ地元のギムナジム。

小学校とは色々違うだろうが、9月から、新しい学校生活を迎えることになる。
楽しい学校生活が送れるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースター休暇は

ブログに書き込みをしていない、この1か月の間には、2週間の
イースター休暇があった。
我が家は、カクタ君も2週間まるまる休みをとっていて、本来
スロベニアにでも旅行に行く予定であった。

が、結果的には、ずっと家にこもり、隣の家の庭をいじっていた。
玄関まで続く、コンクリートを敷き詰めた道を壊し。旧市街の石畳
のようにする、というもの。その道も、まっすぐな素っ気のない物から、
少し湾曲を描いたものに。

つまり、芝生を一部壊し、冬に凍結しないように粘度の少ない石まじりの
土を敷き、砂利を敷き、その上に10センチ立方の石を敷く。

土や砂利は、車で片道15分くらいのところから買い込む。
我が家の車は、大体0.5トンくらいの荷物を詰めるから、超過しないように
気を付けながら何度も買い物に出掛ける。子どももスコップとバケツを手に
大きな山から自分でバケツに入れては、パルメが車へ運び込む。

表面の石畳は、カクタ君の仕事のつてで、高速道路のパーキングに敷かれていた
石畳のリサイクル品を、格安で買わせてもらうことになった。
新しいものより、古い石畳の方が物が良く、市場では高価にやりとりされるらしい。

家族総出で、この休暇は土方仕事。子どもにとっては楽しい事もたくさん。
カクタ君は、石畳を今まで敷いた経験はないが、やはり上手。隣の家の
(騒音問題、または猫のお隣さんとしておなじみの)おじさんは、土方のその道の
プロで、途中何度か様子を見に来てくれた。

道は結局まだ完成していないが、新しい花壇が出来、庭木、植物関連も、
うまく植え付けられた。大満足。

旅行には行けなかったが、それでも楽しい2週間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »