« マルリーノのしっぽ | トップページ | ご多忙のパルメさん »

2014年7月 9日 (水)

スーキーの孫猫

隣の猫は、リコーとスーキーだった。
だった、というのは、リコーは相変わらず2〜3か月に一度、しかも
数時間滞在しては消えて行くらしいし、スーキーは、多分知らない
車に乗って、どこかに連れて行かれただろうから。

スーキーは、1歳半弱で、子猫を3匹産み、そのうち1匹がメスで、
カクタ君の友達の家にもらわれて行った。
スーキーは白黒まだらの猫で、父親のリコーは黒猫。
3匹の子猫はまた、白黒。

メスの猫が、実は、1歳の誕生日の前に、また子猫を産んだ。
2匹で、オス、メス1匹ずつ。いずれも、トラ猫で、脚の先やしっぽの

先が白い、かわいい、ちょっと警戒心強めの猫。

実は、我が家の隣の猫は、現在は、マーヴィンで、オス猫であるが、
出身が家猫で、ここに引っ越して来てから世の中を知った。

そのためか、他の猫や人との付合いがヘタクソで、自分の好きな
ところに出歩くくせに、猫や人に対しては、うなり声をあげるので、
だれにも好かれない。その気になれば、撫でてもらうのも嬉しい
ようなのだが、気分屋さんというか…。

でも、また、そこの家は、子猫をもらってくるらしい。もうちょっと母猫
のそばで暮らした後、2週間後くらい後に、との予定だとか。

この近所には、猫が多いが、以前我が家に遊びに来ていた、とっても
やせっぽちのホッパーも、ここ半年くらい見ていない。

我が家の猫達は相変わらず。時々、マルリーノとクローノは、お互いを
受け付けないものの、うまく生活している。

マルリーノは、去勢されているし、産まれた4匹は全部オス猫なので、
おばあちゃんになることはない。

スーキーは、今も元気に暮らしているかな。かわいく、ミャーとなく猫だし、
愛想があるから、きっと誰かにかわいがってもらっていることだと思う。

|

« マルリーノのしっぽ | トップページ | ご多忙のパルメさん »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/56735979

この記事へのトラックバック一覧です: スーキーの孫猫:

« マルリーノのしっぽ | トップページ | ご多忙のパルメさん »