« 新学期 | トップページ | トントンがとうとう »

2014年9月25日 (木)

思いがけない出会い

ドイツでは、サッカー以外の習い事は、基本的に夏休み中は、

お休みとなる。パルメが参加するビッグバンドも、夏休みは
お休みで、やっと、先日の月曜日、久しぶりに練習があった。
実は、この日、知らない顔のメンバーも何人かいたのだが、
練習終了後、自転車の鍵を外そうとしているパルメのところに、
そんな一人がやってきた。
「あなたは僕のことを知らないだろうけど、僕はいつもあなたの所に
行っているよ。」という。
「はい、知りません」ということで、お互い自己紹介するのだと思い
正面を向きなおったのだけど、先ほどの後半の台詞が気になる。
話は飛ぶが、ドイツでは、12月6日の、聖ニコラウスの日に、
司教であるニコラウスに扮する人と、悪い子を矯正させる目的で
クランポスという怖い役が各家の子供を訪ねて来る。
我が家には、ここ5、6年、劇場の衣装と化粧を伴う本格的な二人が
やって来るのだが、ニコラウスは、カクタ君の従兄弟で、その
同僚がクランポス役をしている。
な、な、なんと、月曜日、目の前に現れたのは、その、素顔のクランポス
だったのだ。どちらかというと、ひ弱な眼鏡君タイプのお兄さん、という
イメージの人で、クランポスという、鬼のような、怖い人役との
ギャップの激しさと、思いがけない出会いに、びっくり。しかも、
このクランポスも、音楽家だったなんて(笑)。
シクランも、ニコラウスやクランポスの前で、毎年、楽器を演奏したり
していて、昨年もユーフォニアムを演奏して聴かせた。
クランポスは、シクランのユーフォニアムはどう?とまで、聞いて来た
ので、まさに、本物。びっくり、びっくり。
あまりの驚きに、クランポスと別れて、一人で自転車に乗りながら、
笑いをこらえることが出来ず、怪しくにやにや笑っていたのは、
暗がりで、誰にも目撃されていないと思うけど…

|

« 新学期 | トップページ | トントンがとうとう »

私、家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/57482934

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけない出会い:

« 新学期 | トップページ | トントンがとうとう »