« アッカー湖での休暇 | トップページ | トントンが率先して »

2014年11月12日 (水)

マルリーノはもっと家に、そしてスーキー2は

大好きな大好きな我が家の猫、マルリーノは、今までよりも

家にいる時間が長くなった。夜も、外出を控え、ベッドで眠る
ことが多くなった。
隣の猫、スーキー2は、近所中活発に散歩し、愛想がよいだけに
よく色々な人からなでてもらっている、まだまだかわいい遊び盛り
の子猫。
我が家の猫に、スーキー2は、あまり歓迎されていない。というのも
ちょっかいを出しすぎるから。
マルリーノは、スーキー2を一切相手にせず、スーキー2も、
マルリーノに大してはかなり警戒している。怖いらしい。
クローノは、スーキー2の木登りの先生でもあったのだが、
スーキー2にとっては、いい遊び相手。
クローノとしては迷惑だが、いつもからかわれている感じ。
パルメからしたら、スーキー2が、あまりに我が家に入り浸る
のが気になり、ここ暫くは、餌を食べたら外に出てもらうように
していた。一方で、我が家の2匹の猫が、食べ残した缶詰の
キャットフードを平らげてくれるので、助かっていた。
が、ここ1週間弱我が家にやってこない。
今までしょっちゅう我が家に入りたくてドアを引っ掻いたり、ミャオ
ミャオ泣いたりしていたのに、急にピタリと来なくなった。
隣の家にも戻ってきていないらしい。
以前いたスーキーは、多分誰かの車に勝手に乗り込んで、
どこかに連れて行かれたのだろうと思われているが、
このスーキー2も、勝手に車に乗っては閉じ込められた経験も
ある。人懐っこいので、そしてまだ子猫なので、誰かが
どこかへ連れて行ったのだろうか。
大きな音でのどをゴロゴロならしていたスーキー2は、
近所を行き来する子どもたちのアイドルでもあった。
もう、戻ってこないかも。

|

« アッカー湖での休暇 | トップページ | トントンが率先して »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/57968298

この記事へのトラックバック一覧です: マルリーノはもっと家に、そしてスーキー2は:

« アッカー湖での休暇 | トップページ | トントンが率先して »