« トントンとチェス | トップページ | 誕生会の裏話 »

2014年12月22日 (月)

シクランが10歳になった

我が家の長女、シクランが、土曜日に10歳の誕生日を迎えた。

クリスマス前のこの時期、街の中はものすごい人だし、土曜日。
スケート場で、お誕生日をお祝いしたいな、とも思ったのだが、
それは、ショッピングセンターのある方向で、車も渋滞しそうだし…
ということで、他の場所も色々考えたあげく、いつもの通り、
自宅でお祝いすることとした。
もうこの年になると、3時間、家で食べて遊んで、というのでは
つまらないので、他の子供は、夜遅くまで、とか、泊まりがけで、
とか、色々な誕生会を開催している。
我が家も、得意パターンがあって、カクタ君と一緒に手打ちパスタを
作ってみんなで食べたり、ま、色々やってみた。
今年は、お昼ご飯をみんなで食べ、勝手に気の向くまま遊ばせ、
夕方はたき火をし…。と考えた。いつもは3時間半かせいぜい
4時間だったが、今年は思い切って、6時間。
パルメも12月はとっても忙しかったので、特に何も用意することが
出来ない。昼食は、生のジャガイモを揚げて作るフライドポテトと
肉屋でパン粉までつけさせて用意したトンカツを揚げるだけにした。
招待した10人の女の子のうち、7名が来た。我が子3名と合わせて
10名。皮を剥いた状態で2.3kgあったジャガイモと9枚のトンカツは
あっという間になくなった。
誕生会というと、遊ぶことがメインで、食べ物もケーキもあまり
手を付けないものだから、あまりたくさん作りすぎて余るのはどうか
と思っていたが、ポテトはもっとあっても競争のようになくなって
いたようだった。
実は、前々日の夕方から熱を出したルックも、誕生会のこの日は
とりあえず元気で、一緒になって楽しむことが出来た。さすがに
途中で公園に行くときは、我慢させたが…。
誕生日ケーキを食べるときも、普段はハッピーバースデイの歌を
ギターの伴奏で歌ったりするが、今年は全て子供任せ。ろうそくに
皆で火をつけては吹き消し、もう一度やり直し(笑)。切り分けるのも
シクランにさせた。準備はするけど、子供任せにした。
その後は、焚き火。古い洗濯機のドラムを改良して作った、我が家の
即席キャンプファイヤー場。子どもたちが自分で用意した木の棒に、
マシュマロを刺して焼いたり、パルメが用意したパン生地を薄く
巻き付けて焼いたりして食べていた。クリスマス前のこの時期に
ドイツ中で飲まれるグリューワインの子供版、キンダーポンチも
5リットルくらい飲み干した。(これは予想の2〜3倍の消費量!)
準備は何もしなかったが、子どもたちはそれぞれ楽しんだようだ。
心配していた6時間も、気づいたらあっという間に終わった。

|

« トントンとチェス | トップページ | 誕生会の裏話 »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/58343906

この記事へのトラックバック一覧です: シクランが10歳になった:

« トントンとチェス | トップページ | 誕生会の裏話 »