« やっと大掃除 | トップページ | 雪が降った »

2014年12月28日 (日)

クリスマス・イブとクリスマス

我が家のクリスマスは、いつもの通り、イブは義兄夫婦の家で

夕食、その後プレゼントをもらう。
いつもと違うのは、我が子の態度。
クリスマス前から、サンタクロースに値する、クリスキントの
存在を信じなくなってしまった。
理由はたくさんあって、
例えば、シクランのクラスメイトの大半は、1歳から2歳年上、
つまり、11歳からそろそろ12歳になる、という年齢。
なので、シクランも、なんとなく、クリスキントが現存しない
ことに気づいて来る。
しかも、宗教の時間に、サンタクロースは、アメリカのコカコーラ社
が、クリスキントを真似して作ったものだと習ってくる。
今年の我が子へのプレゼントの中には、レゴ・テクニックが2つ、
しかも、とっても大きくて、隠しにくいもの。
子どもたちが家中でかくれんぼうをしたりしたのも、理由の一つ。
とにかく、色々な理由が複雑に絡み合って、しかも、3人の子供達は
それぞれ何をもらうか、知ってしまった。
イブ当日。
とくにトントンなんかは、自分のもらうプレゼントを皆に公言して、
どこにあるか、知ってる?もう見た?と聞いて回る始末。
かわいくない。
腹が立つ。
とにかく、事前にそういう悪い行為が3人ともに目立ったので、
いつもクリスマスツリーの下に置かれるプレゼントの中に、本命の
プレゼントは置かないことにした。
その代わり、手紙をそれぞれに用意した。
「残念でした。クリスキントの存在を信じていたのならねぇ…」
と書いて、封筒には、ネットで見つけたクリスキント直々のスタンプ
に見えるようなものを貼付けた。我ながらいい出来。
その日は、本命以外のプレゼントをもらった訳だけども、
ドイツならではのクリスマス。
プレゼントに溢れかえる日なので、それでも、子供達は素敵なプレゼント
をもらうことが出来た。
翌日、25日、子供達の態度を見た後、本命のプレゼントを与えた。
最後まで態度が悪かったトントンには、お説教した後に…。
25日の昼食は、義母の家で。メンバーは同じ。
つまり、カクタ君3兄弟とその家族、カクタ君のお母さん。
二日間、とっても美味しい料理を、これでもかと食べ尽くした。
今年も、クリスマスは過ぎて行った。
来年の子供達は、どんなだろうか。

|

« やっと大掃除 | トップページ | 雪が降った »

私、家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/58399014

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・イブとクリスマス:

« やっと大掃除 | トップページ | 雪が降った »