« トントンがサックスで合奏に挑戦 | トップページ | 12月10日に書き込んだ、バーバラ・ツバイゲについて »

2015年1月 9日 (金)

ブルグミュラー

パルメが、ピアノの先生を初めて、もう3年になる。

最初は、ずっと一人しか生徒がいなかったが、この子は、当時
小さな女の子だったのに、今はもう6年生で、身長もパルメを
はるかに追い越し、少しずつおしゃな女性になってきている。
名前はカタリーナ。
カタリーナは、以前習っていた先生には、子供向けのつまらない
曲ばかりをさせられていたが、パルメの所で初めて与えられた
ブルグミュラーの25の練習曲が、とっても気に入ったらしく、
最初からとっても喜んでいた。両親も、祖父母も喜んでいたようだ。
(もう丸三年経つのに、この本が、まだ終わっていないけど…)
この本が、あと3ヶ月くらいで終わるだろう、という今になって、
彼女は、次にどんな本を与えられるかを気にしていた。パルメはもう
大体決めていたのだが、本人が、またブルグミュラーの別の曲集を
弾きたい、という。
日本では、25の練習曲は、誰もが手にする本なのだろうが、それ以外
ブルグミュラーの曲なんて、実はパルメは知らない。でも、たくさん
練習曲を作っている、ピアノ教育に熱心だったブルグミュラーの
ことだから、他にもあるはず、と思い、ネット上の無料の楽譜を
探してみたら、いいものが見つかった。18の練習曲、というものの
中には、レベルもちょうど良く、いい曲がたくさんある。
神聖ローマ帝国が解体する頃に、このレーゲンスブルクの町で生まれた
ブルグミュラー。この、カタリーナのおかげで、また、ブルグミュラーの
素敵な楽譜を見つけることが出来て、パルメはとっても嬉しかった。

|

« トントンがサックスで合奏に挑戦 | トップページ | 12月10日に書き込んだ、バーバラ・ツバイゲについて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387592/58528066

この記事へのトラックバック一覧です: ブルグミュラー:

« トントンがサックスで合奏に挑戦 | トップページ | 12月10日に書き込んだ、バーバラ・ツバイゲについて »